fc2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
なりたい自分を明確に持つ
時間は何もしなくても過ぎてゆく。この時間を何に使いたいという目的がなければ、時間があると欲に流れるだけで不毛な時間を過ごしてしまいます。

幸せになりたいと思ったら、将来自分はどんな人間になりたいか、明確なイメージを持つことが大事です。

明確な目的を持つことで、今自分は何をしたらいいか分かるからです。

なりたい自分がなければ、ただ何もせずに時間だけが過ぎてしまう。

時間こそ、すべての人に与えられた財産。

この財産をどう使うか。それによって幸せな人生にもなるし、苦しみの人生にもなる。

幸せな人生になる為には、なりたい自分を持つ。そして、その自分に向かって進んでゆく。

十年後の自分は今よりもずっと成長した人間になっていたい。

そう思って今という時間を過ごしてゆきたいと思いました。
大事なことは学ぶこと
失敗したらやり直したらいい。そこで失うことがあっても、これも人生勉強だと思って反省したら、大きな財産となる。

人生思い通りに物事が進んだ方がいい訳ではありません。

それは思い通りに進むと、何も学べないからです。

人は思い通りにならない時に考えます。どうしたら良かったのか、これからどうしたらいいのかを考えます。

そこで知らされたことは、人生の糧となって、大きく自分を成長させます。

失敗しても前を向いて進んでゆくこと。

それが長い目で見たら、人生を豊かにするものだと思いました。

自分から近づいてゆく
人は自分が近づいた分だけ、近づいてくれる。でも、嫌われるのが嫌で、近づいてくれることを期待していたら、相手は近づいてきてはくれなくて、悲しい思いをしなければなりません。

仲良くなりたいと思ったら、自分から近づいてゆくことが大切であるし、近づいてゆかなかったら、今まで受けていた恩恵も受けなくなります。

自分を寂しくさせたくなかったならば、勇気を出して自分から近づいてゆくことが大切だなと思いました。
安心感と満足感
幸せには安心感と満足感があります。この関係は安心感がなければ満足感を求めて動き出すことはできません。

でも、みんな安心感を得るために動いている人ばかり。だから、頑張って認められると安心して動かなくなってゆきます。

安心を求める人は何もしなくても認められたいと思っています。

だから、認められると安心したいと思って動かなくなってゆきます。

以前は動いていたのに、動かなくなった人は、前よりも安心したからです。

何もしなくてもここにいてもいいんだと思えるようになって初めて動き出す。

満足感を求めて動き出すようになるのです。
できないと否定するのは
よく自分のできない所を見ては、自分なんかダメな人間なんだと思う人がいますが、そういう人ほど、ダメだと言いながら、自分の中には失敗なんかしない完璧な自分がいます。

完璧な自分という所に立っているから、ちょっとできないだけで、こんな自分はダメなんだと否定するのです。

じゃあ、なぜ完璧な自分という所に立っているのか。それは完璧でなければ、まわりの人から見捨てられると思っているからです。

自分にできない所があると見捨てられる。だから、できる人間でなければならないという所に立ってしまうのです。

だから、できなくても、受け入れてくれる人がいたならば、段々、自分ができなくても否定することがなくなり、できる所に立つことも無くなってくるのです。

できないと否定するのは、できる所に立っているから。そして、できる所に立っているのは、そこに立たなければならない理由があるから。

人はできなくても見捨てられない安心した心になりたいのですね。


プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス