fc2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
嫌われると思う人
世の中には、ちょっとのことで嫌われるのではないかと不安になる人がいます。

そういう人は元々嫌われる自分という念を持っているのです。この嫌われるというのは、嫌いな自分があるからであり、自分のことを嫌いなのは他人ではなく自分なのです。

じゃあ、なぜ嫌いなのか?

それは他人が当たり前のようにできていることが自分にはできないからです。

私たちは他人が当たり前のようにできていることができていないと、自分はダメな存在じゃないかと思います。そして、そんな自分なんかいなくなればいいと思ってしまうのです。

そうすれば、ダメな自分がいなくなる。だから、楽になれると思ってしまうのです。

でも、本当はみんなができることができなくたって、ダメな人間ではないのに、みんなができることができないとダメだと思ってしまうのです。

そんな自分が変わる為にはどんなにダメでも、そんな自分と一緒に生きてゆかなけれぱならないと思うこと。そう思えたら、覚悟を決めて、変わろうと思います。

変わろうと思って、取り込んだ時、すぐには変わるものでは無いと知らされて、たとえ時間がかかっても変えてゆこうと思うようになる。そうなると、今はどんなにダメでも仕方ないと思えるようになり、嫌われることも障りにならなくなるのです。

人はなかなか変わらない。そう知らされることは自分の心を楽にすることでもあるのですね。






中道
何かを身につけようと思ったら、身につけたいものを身につくまで心がけ続けなければなりません。

しかし、この心がけ続けるということがやってみると難しい。

それは気を抜くと心がけるものを忘れてしまうからです。

つまり、心がけ続けるとは、いつも気を抜かず、気を張り続けなければならない。

今気を張ることはできても、気を抜かず、気を張り続けることは難しい。

このいつも気の張りを保ち続けることを仏教で中道と言います。

中道ができてこそ、人間的に成長してゆける。

難しいことですが、やってゆかなければならないことなんですね。
怒りをぶつけられても気持ち良く流す
人と一緒に生きるとは、人から怒りをぶつけられても、それを忍びながら生きることだと思います。

多くの人は幸せな家庭を思い浮かべた時、楽しく笑いながら過ごしている姿を思い浮かべます。

しかし、現実は楽しく過ごす時はあっても、時として理不尽なことで怒りをぶつけれれることがあります。

そんな時、こんなことで怒りをぶつけられるなら、嫌だと思ってしまうと、一緒にいることが苦痛になり、一人になりたいと思うようになります。

だから、幸せになりたいと思ったら、怒りをぶつけられても、気持ち良く流すことができることが大切です。

怒りをぶつけられても、自分を責めなければ、苦しみは続かない。気持ち良く一緒に過ごすことができるようになるのです。
未来をイメージして生きる
人生を楽しく生きてゆく為には、これからの時間をイメージして、この時間に何をするか意識して生きることが大切だと思います。

私たちは時間があると、いつもどうでもいいことに時間を使ってしまい、この時間はこれをしようと思って過ごす人は少ないように感じます。

それはいつも目の前のことしか考えてないからだと思います。

時間ができた時に、未来のことを考えて、ここに時間があるから、これをしようと、時間を意識したら、何をするにしても楽しく過ごすことができるように感じます。

考えてみたら、未来のことを考えるのは、長期休みの時の旅行のことばかり。でも、計画を立てた旅行は、楽しいものであったように感じます。

だから、旅行でなくても、毎日の生活を計画を立てて過ごしていったら、毎日が楽しい日々になるように思うのです。

まずはスケジュールを書くこと。そして、時間ができた時に、未来の予定を見て、この時間にこれをしようと考えることが大切だと思います。

人生を楽しいものにする為にも日々計画を立てて生きてゆきたいですね。
人がいる時といない時では価値が違う
人のいる時といない時では価値が違う。人といる時の時間の価値はいない時に比べて高い。

だから、本当は人のいる時はなるべく一緒に過ごすようにして、やるべき事はいない時にやったらいいのに、私たちは自分のペースでやるべき事をやっているので、人がいても、やるべき事があるとやってしまいます。

そうやって、忙しくしていると、家族は自然と自分の元から離れてゆき、孤独になってゆきます。

それで時間ができたからと言って、人が来てくれないかと期待しても、すべてに期待されなくなったので、家族は近づいてきてくれず、寂しい思いをしなければなりません。

家族と楽しい時間を過ごしたいと思ったならば、家族に付き合うことが必要です。

その為に自分のやるべき事はいない時にやっておく。いない時に一生懸命やるべき事をやって、いる時はゆったり過ごす。

そうやって人と一緒にいる時間を大切に過ごすことが大切なことなんだと思いました。


プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス