FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
偸盗
殺生の強い人ほど、相手にとって自分が迷惑な存在だと思われることを嫌う。
逆に殺生が少ない人は相手から自分の存在が迷惑だと思われたとしても、そんなに気にしない。
それは迷惑だと思われたとしても、自分はここに存在してはならないと思わないから。殺生の根幹は自分はここに存在してはならないと思う心。だから、殺生の強い人ほど、まわりの人にとって自分は迷惑な存在にならないように気を遣う。これが次の偸盗。

偸盗とは自分で自分を縛る心。常に自分の作り出した相手のイメージに対して、自分が迷惑な存在にならないように気を遣う。だから、偸盗の人は人と一緒にいると心休まることはない。常に相手にとって自分が迷惑な存在にならないように気を遣わなくてはならない。だから、偸盗の人ほど、一人になろうする。でも、一人になると寂しいから、人の中にいようとする。

でも、人の中にいると、ちょっとした相手の言動に傷つく。それは少しでも相手が自分の存在を嫌だと思ったならば、自分はここにいない方がいいと思ったり、自分なんか消えてしまいたいと思ってしまう。これが殺生。

殺生とは、邪魔者は消えろという心。だから、邪魔者にならないように気を遣うのが偸盗。でも、偸盗は自分の心の影をまわりの人に投影して、勝手に相手にとって自分は迷惑な存在にならないように気を遣う。だから、偸盗の人は常に何かに縛られているような感じがして、楽になりたいと思うようになる。この楽になりたいという心が強くなると、まわりの人で楽していい思いをしている人がいると妬ましくなり、自分もあの人と同じようになれたら幸せなのにと思ってしまう。これが盗み心。

盗み心とは、相手がその立場になるのに、どれだけ苦労したかということは考えることなく、今、その人がいい思いをしているのを見て、ずるいと思ったり、手っ取り早く自分もその人が得たものが欲しいと思う心。でも、その根底には、いつも何かに縛られて苦しいという心がある。だから、どんなにこの人が地位や名誉や財産を手に入れて楽ができたとしても、心は楽にはならない。
むしろ、いい思いをした分だけ、まわりの人から妬まれているように感じて、その人たちから自分の存在なんか居なくなればいいと思われているのではないかと感じて苦しむ。この心が殺生。

偸盗とは、妬みの心。他人の幸せを喜ぶことができないから、自分も幸せにはなれない。

気を遣うことで、罪悪を生む
小さい時に、自分の存在を否定されたり、無視されたりすると、人というものは、自分の存在を傷つけるものだと思うようになる。
だから、人と一緒にいると気を遣うから、自分の好きなことをする時は一人になりたいと思うようになる。そして、自分の好きなことをする時は、邪魔されたくないと思うし、邪魔された時は、目の前の人に対して責める心が起きる。

責めるとは、相手の存在を否定すること。そして、そうやって責めれば、相手は自分の言うことを聞くと思っている。
責めれば、人は言うことを聞くと思う心。これを仏教では偸盗という。それは自分も責められたくないから気を遣っているから。自分も気を遣っているから、相手も気を遣って当然だと思う。この心から相手を責める。

人に気を遣う人ほど、自分のことも責めるし、他人のことも責める。
それは迷惑をかけないように自分も気を遣うし、他人に対しても、自分が迷惑だと感じないように気を遣って当然だと思う。そして、自分が気を遣っている分だけ、自分にとって他人が迷惑だと感じたならば、責めずにはおれないし、それでも相手が変わらなかったならば、目の前からいなくなれと思ってしまう。

他人に気を遣うことは大切なことだが、それがどんな心でやるかによって、善ではなく、罪悪にもなってしまうのですね。


他人を責めている人はそれ以上に自分を責めている
自分は悪い人間だという唯識を持っている人は、ちょっとした縁でも、何か自分が悪いことをしたから、こんなことが起きたのではないかと自分を責める。
そして、もう自分が悪い人間にならないように気を遣う。

でも、自分が悪い人間ではないかという目で世界を見ているから、どんなに自分が悪いことをしないように努力したとしても、自分が悪いことをしたのではないかという目で世界を見ているから、また、ちょっとした縁で自分が悪いことをしたのではないかと感じて自分を責める。
そうやって、また、自分が悪いことをしないように気をつける。

しかし、どんなに努力しても、自分の見方が変わらない限り、また、ちょっとした縁で自分が悪い人間になってしまう。
そして、もうこれ以上、努力することができないとなって、耐えきれなくなって、相手を責める。
自分はこんなに努力しているのに、どうしてあなたはそれでも自分を悪者にするのだと。

そんな相手は自分の目の前からいなくなれと思って責めてしまう。

結局、自分を責める人は他人も責める。
他人を責めている人は、それ以上に自分を責めているから。
そして、自分を責めるのは、決まって自分は悪い人間なんだという思い込みで世界を見ているから。
この思い込みがなくならない限り、苦しみから離れることもできないのですね。


無限ループ
罪悪とは白い自分に立って、黒い自分を攻撃すること。
そうすると白い自分の時には報いは来ないが黒い自分になった時に報いが来て苦しまなければならない。
だから、何かのことで自分の欠点が見えて黒い自分になった時は、白い自分になろうとして、誰かを悪者にして責めてしまう。
そうやって、また罪悪を造る。

このように罪悪を造ると黒い自分にならないように、いつも白い自分でいようとする。
でも、いつも完璧ではおれないから、他人を責めることで白い自分に立とうとする。

自分を完璧な所に立っている人ほど、他人を責める。
それは責めてなければ完璧でおれないし、黒い自分が見えて責められているように感じて苦しむから。
他人を責めていいことは何一つない。でも、白い自分でいたいから、責めずにはおれない。

罪悪とは無限ループに自分を陥らせ苦しめる。恐ろしいものなのである。

相手は自分
私たちは他人を責める時は、相手に色んな都合や言い分があったとしても、それを見ることなく、目の前で起きた現象だけを問題にして、分かったならばできる筈だと相手を責める。

でも、そうやって責めると、唯識で跳ね返り、今度は責められているように感じる。
しかも、自分が容赦なく責めているから、その分だけ責められているように感じて、ちょっと注意されただけでも、自分の存在さえも否定されたように感じてしまう。

だから、他人から注意されないように徹底的に気をつけたり、独りになろうとする。

結局、責める時は、自分が責められる立場になるとは思わずに責めているが、天に唾を吐いたように、自分のやったことは、すべて自分へと返ってくる。

つまり、責めている相手とは自分。

これが大宇宙の真理であり、これが分からないからみんな苦しんでいる。
相手が自分だと分かったら、相手を徹底的に責めることはできなくなる。
それが分からないから、徹底的に責めてしまうのですね。



プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス