幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです

慳とはケチな心です。

ケチとはどんな心を言うのでしょうか。それは自分の為ならお金や物や時間を使っても何とも思わないが、他人の為には勿体なくて何も出したくないという心。自分の欲の為に大金を使うことは髭をなでるよりも易く、他人の為に僅かなお金を使うことは生爪を剥がすように辛いものです。もちろん、他人の為に出すのは嫌だと言っても、それは我のついている人に対しては別です。ケチな人でも、この人は思い通りになると思ったら、喜んで大金を差し出します。でも、それは相手が自分の思い通りになっている間だけ、ひとたび相手が自分の思い通りにならないとなったならば、どんなに今まで仲良くしていても、手のひらを返したように冷たくなり、相手のことを見捨てる。それがケチな人です。このケチな人は、どんなに仲良くしていても、嫌になったら簡単に相手のことを見捨てると思っているので、相手も自分のことを嫌になったら見捨てると思っています。だから、相手に施しをしても、どうせ自分の元から離れてゆくと思っているから、相手のことを心から信じることはしません。また、人の心が分からないから、人はお金によってどうにでも動くのだと思っています。例えば、中小企業の社長ならば、俺はお金を出しているから、社員は自分の思い通りに動いてくれると思っている。そこで気に食わないことがあったら、簡単に社員をクビにするし、離れたら、また、募集をかけたら、新たな人が来ると思っている。このような社長にとって、社員は自分の思い通りに動いてくれる道具であり、駒。その社員に喜んでもらおうなんて、全く思いません。これがケチな心です。でも、このケチな人は、人を人だと思わないから、どんなに人に囲まれても、また、その人たちから認められてとしても、心の中にあるどうしようもない寂しさは消えることはありません。寂しいからこそ、認めてもらいたい。だから、ケチな人ほど、自分が認めてもらえるねらば、簡単に大金を出す。そうやって、自分の存在を誇示して、認めてもらうと、その時は満足したように思うが、それも根本的な解決ではない。また、しばらくすると、寂しくなる。だから、認めてもらう為にどれだけでもお金を出す。その為、ケチな人ほど、お金をたくさん使うので、お金がなくなる。だから、ますますケチになって他人の為には全くお金を出さなくなってゆくのです。

このようにケチな人は、人を人だと見ないから、どんなに人に囲まれても、心は常に孤独。寂しさの中で、生きなければなりません。寂しいからこそ、欲に流れて、寂しさという現実を誤魔化そうとする。それでも、寂しさは解消されることはなく、苦しみ続けなければなりません。

では、このケチな人がこの孤独という寂しい世界から離れる為にはどうしたらいいか?それはまわりの人を道具や駒として見るのではなく、人として見ることです。人として見たならば、相手には感情がある。だから、その感情を否定したら、みんな自分の元から離れて誰もいなくなるということを知らなければなりません。そして、人には感情があるから、温かく接してあげれば、喜ぶし、冷たくしたら傷つく。人は、物とは違うのです。そういうことに気がついて自分も他人も喜んでもらえるように心がける。そうすることで、孤独な世界から抜け出すことができます。


嫉とは、嫉みの心。金や地位、名誉や権力を持っている人、また、まわりの人から慕われて愛されている人を見ては、その人を妬み。その幸せを失って苦しめばいいと思う心です。この嫉みの心は、他人の幸せを喜ぶことができず、他人が楽しそうにしていたら怒りを起こし、その幸せをぶち壊したいと思います。では、なぜ他人の幸せを喜ぶことができないのでしょうか?

それはその人の心が苦しんでいるからです。この苦しみとは、どんな苦しみかと言えば、寂しさ。私たちは寂しい時に、その寂しい心を起こした自分の為に動いてあげることをせず、こんなに寂しい思いをしているのだから、まわりの人が気がついて、私の為に動いてくれたらいいと思っている。そんな人が嫉みの心を起こします。

人間には上の心と言われる理性と、下の心と言われる感情があります。寂しさとは、下の心が感じるもの。私が寂しいと感じているのだから、自分の感情の為に動いてあげたらいいのに、嫉みの強い人は、寂しいから自分のことを構って欲しいと言ったときに、相手が嫌な顔をして断ってくるのが嫌だから、寂しくても我慢してしまいます。そう、嫉みの強い人というのは、心が寂しいと感じても、自ら寂しさ解消の為に動こうとはせずに我慢する人なんです。また、寂しくても我慢するだけでなく、嫌なことがあっても、その嫌な気持ちを誰かに話して分かってもらおうとはせず、ひたすら自分の心を我慢させてしまう人。一見すると我慢強い人のように思いますが、そうやって、抑えた感情は歪んだ感情となって吹き上がる。それが嫉みの心です。それはまわりに幸せそうな人がいなければ、仕方ないと思って我慢していることができますが、自分の視界の中に苦労することもせず、楽しそうにしている人がいたならば、もう我慢ができず、自分も我慢しているのだから、お前も我慢しろよと刃のような心を向けます。そして、それでも相手が楽しそうにしていたならば、こんな目障りな奴は目の前から消えて欲しいと思い、相手の楽しみをぶち壊してやろうかと思うのです。

でも、このように思うのは、自分もどこかで、自分の心から逃げているのを薄々知っているからです。本当は相手のことを羨ましいと思ったならば、自分も感情を我慢せずに自分の思いを出したらいいのに、そうやって相手が嫌な顔をしたらどうしよう。自分の存在を否定されたらどうしようと思って、苦しんでいる自分の為に動いてあげることができず、自分の感情を抑え、我慢させてしまうのです。そして、被害者面して、自分を寂しくさせている相手が悪いのだと思うようになります。本当は否定されたくないから、自分の感情を抑えて我慢しているだけなのに、如何にも相手の為に自分は気を遣って我慢しているのだと思って、自分だって相手の為にこんなにも気を遣っているのだから、まわりの人だって、私が嫌な思いにならないように気を遣って当然。それが社会のマナーだと思うようになります。だから、自分が寂しい思いになったならば、寂しい思いにさせた相手が悪いと思って、相手を責める。そして、責めても思い通りにならない相手や責めることができない相手には、その人の存在を苦々しく思い。心の中でその人の幸せなんてぶち壊れたらいいんだと思います。これが嫉みの心です。

でも、他人の幸せを嫉むことほど不幸なことはありません。それは幸せを嫉んだ分だけ、自分が幸せになったら嫉まれると思って、楽しいことがあっても、我慢して、自分は楽しんではいけないのだと思ってしまうからです。だから、嫉む人ほど、いつも頑張り続け、いつも楽しそうな人を見ては嫉む。だから、まわりの人は、気を遣って楽しんではいけないと思うし、当の本人は自分ほど、まわりの人に気を遣っている人はいないと思う。こんな環境では誰も幸せにはなれません。

幸せになりたければ、他人の幸せを嫉むのではなく、その人の幸せを一緒になって喜んであげることが大切です。もちろん嫉みの心のある人は、他人の幸せを一緒になって喜べと言われても、喜ぶことなんてできません。それどころか、他人が楽しそうにしていると、自分の存在を無視されて、寂しく感じる。でも、それは他人が無視したから寂しいのではありません。自分の感情を寂しくさせているのは、他人ではなく、自分なのです。だから、自分の感情の為に自分が動く。自分の心が寂しいと感じたならば、他人が気がついて行動してくれることを期待するのではなく、自分が寂しくなった感情の為に人の中に入ってゆくのです。その時、相手は嫌な顔をするかも知れません。そんな時でも、嫌な顔をされるぐらいなら、寂しくてもいいと思うのではなく、頭を下げて人の輪の中に入ってゆく。それが大切です。それは自分の心ほど大事なものはなく、その心を大事にすることが、私が幸せになる為に大切なことだからなのです。


恨とは何か?

恨とは、恨みのこと。恨みとは、自分の素直な感情を伝えたら、相手に迷惑ではないと思って、思っていても、言えない人が、自分の気持ちを素直に言えて、楽しそうにしている人に対して、自分も苦しんでいるようにお前も苦しめと思う心です。ここで大事なことは、この恨みの根本は、自分の心の中で思っている思いがあっても、それが何らかの力によって抑えつけられて、言えないことが原因で、この恨みが起きます。この力とは具体的に誰かによって抑えつけられている訳ではなく、自分の心の中で生み出した力。その力によって抑えつけれて、自分の心で思っていることが言えず、苦しんでいる。では、この力とは、どうして生み出されたのかと言えば、多くの場合、その人の親が他人に迷惑をかけないように気を遣う人であり、子供が自分の好きなように動いていると、まわりの人に迷惑をかけているように感じて、自分が責められたくないから、怒りを起こし、子供を責める。そうやって、育った子供は自分の存在そのものが他人に迷惑をかけるような存在かのように感じて、自分は迷惑をかけないように思っていることも言わず、大人しくしていたらいいのだと思うようになったのです。だから、この人の心の中にはいつも自分の思い通りにしたら否定されるという巨大な力があり、いつも自分のことを抑えつけている。その力によっていつも無力感を植え付けられ、自分は何もしてはならないと思っている。そんな人が自分のやりたいことをしている人、自由に自分の思い通りにしている人に対して、自分も苦しんでいるのに、なぜお前だけが楽しそうにしているのだと思って、自分も苦しんでいるようにお前も苦しめ、と思う心。これが恨みです。

また、恨みの強い人は、金や財産、権力を持つ人に対しても、恨みを持ちます。それは自分の中にどうしようもない巨大な力があって、自分を苦しめている。だから、自分も力があったならば、自分の思い通りに振る舞うことができるのではないかと思う。でも、この人は、力を持った人の存在を認めないので、力を求めながら、力を手に入れると、今度は自分の存在が否定されているように感じて苦しむ。だから、いつも力を手にした人を恨むだけで、自分も力を持って、他人の上に立とうとはしないのです。このような人がどうしたら恨みから離れることができるでしょうか?

恨みを起こす人は、迷惑をかけてはならないと異常なほど気を遣う人でもあります。迷惑をかけないように自分の思いを否定し、言えなくなった。だから、恨みから離れる為には、相手が迷惑かも知れないが、自分の気持ちを伝えてゆく努力が必要です。自分の気持ちを正直に伝えることができたならば、力に対して執着したり、楽しそうにしている人に恨みを起こすこともなくなります。その為には自分の気持ちを受け止めてくれる人が必要であるし、その人に対して、勇気を出して自分の気持ちを伝えてゆくことが大切な心がけなのです。


忿

忿とは、カッとなって起こることです。多くの場合、カッとなる一番の原因は不安にあります。自分の中で例えば、自分は無視されているのではないかという不安があった場合、いつもまわりの人に対して無視されているのではないかという目で見るようになります。そして、無視されたくないから、自分のまわりの人を無視しないように必要以上に気を遣うようになる。でも、それは相手が無視されたら嫌だろうなという相手に対する思いやりからではなく、自分が無視されたくないからというエゴ。だから、自分がこんなにも無視しないように気をつけているのだから、まわりの人も自分の存在を無視しないようにしなさいと強制するようになります。でも、そうやって、無視しないようにしている相手というのは、自分の正義に従ってくれる思い通りになる人だけ、思い通りにならない相手に対して、怒りを起こし、相手の存在を無視します。この都合の悪い相手に対して無視をするという種まきの報いによって、自分は無視をされているのではないかという不安が起きる。そして、無視をされない為に、いや、それ以上に無視をしてくる人を責める為に、まわりの人を無視しないように気を遣うのです。

この人の心には、いつも自分の存在を無視されるのではないかという不安がある。だから、少しでも無視されたと感じたならば、相手に対して怒りを起こし、こんなにも私は気を遣っているのに、どうして無視するんだと猛烈に相手を責めてしまいます。これが忿です。この忿は無視をされているのではないかという不安が強いほど、また、無視をされない為に一生懸命気を遣うほど、激しく怒りとなって現れる。自分はそんな無視される人間ではないのだと、無視される自分を否定するほど、無視されたという現実を認めることができず、怒りを起こして相手を責めて、相手の存在を否定することで、自分は無視される人間ではないのだ、という所に立とうとする。これが忿なのです。


煩悩

煩悩とは何か?

煩悩とは罪悪がある為に真実を正しく見ることができず、現実を歪めて自分に都合良く見てしまうことです。

私たちは唯識が分からない為に、他人に対して起こした思いが自分に跳ね返ってくることも分からず、自分が相手よりも上に立つ為、また、自分が他人よりも認めてもらう為、そして、自分が得する為に、相手の存在を否定したり、引きずり下ろしたり、はねつけたり、馬鹿にしたり、道具のように扱ったり、食い物にしたりします。この他人に対して起こした思いはたとえ口や態度に出さなかったとしても、心で思った思いは、阿頼耶識に収まり、自分の唯識になって跳ね返ります。だから、馬鹿にしたら、馬鹿にされているように感じるし、無視したら無視されているように感じる。責めたら責められるように感じて、自分の存在が否定されているように感じて苦しむようになります。だから、私たちは正義を信じ、正義に従うようになる。それは自分が正義に従って行動している間は、正しいところに立っているので、自分の作り出した罪悪の報いを受けなくて済む。だから、私たちは罪悪の報いで苦しみたくないので、いつも正しいところに自分を立とうとするし、自分が間違っているなんて、認めることができないのです。だから、現実を歪めても、正しいところに自分を立とうとする。この時、現実を歪める為、また、歪んだ現実によって起きてくる心が煩悩なのです。私たちは煩悩がある為に罪悪を造りながら、その報いによって苦しまずに済んでいるのです。ところが、報いを誤魔化すことによって、罪悪を犯していながら反省できない。その為に一つの罪悪から、さらに重い罪悪へと移ってゆき、結果的ににっちもさっちもいかなくなって、その報いによって苦しまずにはおれなくなる。それが煩悩なのです。




プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス