幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
否定すると否定される
人は他人の良いところよりも悪いところをよく見る。
そして、悪いところを見ては、この人はこんな悪いところがあるから駄目なんだと、その人のことを否定する。
もちろん、人には色々な意味で良いところがある。
でも、他人の悪い所を見る人は他人の悪い所ばかり見ているので、他人には悪い所しかないように思っている。
でも、そうやって否定すると、今度、自分が思い通りにならない現実にぶつかった時、否定されているように感じる。
そして、今までどんなに頑張って努力してきたことがあったとしても、それは無価値のように感じられて、自分の人生意味がなかったかのように思ってしまう。
だから、このような人は挫折に弱い。挫折した時に、自分のすべてが駄目だと思ってしまい、この現実と向き合い頑張ることができない。
他人を否定してダメ出しする人は自分の首もしめることになるのですね。

アカを除かん
自分が生きている中で、他人の言動が気になって、こうされるのが嫌だから、相手に直してもらいたいと思うことがある。
でも、嫌だと伝えても、相手が直してくれる訳ではない。
そういう時、私たちは腹を立てて、相手を責めたり、それができない相手ならば、誰かに愚痴を吐いて、相手を責める。
でも、仏教では、嫌だと感じたのは、自分だから、その自分の為に自分自身が動きなさいと教える。
しかし、この言葉を聞いて、そうだな、自分の為に動いてあげるかと思える人は、存在価値の高い人だけ。
存在価値の高い人は、自分の存在を大事だと思っているから、日頃から自分の思っていることに対して、わざわざ自分の為に動いてあげることができる。
だから、嫌だと思うことに対して、他人が動いてくれないなら、自分が動いたらいいと思って、気持ち良く動くことができる。
それに対して、存在価値の低い人は、自分の存在を大事だとは思えないから、自分が嫌だと思っても、わざわざ自分の不満の解消の為に自分が動いてあげようとは思えない。
だから、そういう人は、なるべく自分が動かずに他人が動いてくれたらいいと思う。
そして、このような人は、自分の為に自分が動くことはないから、いつまでも自分の存在価値は高くならない。
そして、いつまでも自分のことを大事だとは思えないのである。
では、このような人がどうしたら自分の存在を大事だと思えるようになるのか。
それは、誰かに自分の存在を大事にしてもらわなくてはならない。
ここで大事にされるとは、自分がわざわざ動いたことに対して、こんなことを頑張ってやったよと言って認めてもらうこと。
私たちは他人から自分の存在を認めてもらうことによって、自分自身のことを大事だと思えるようになる。
だから、自分のことを大事に思えない人は、まず他人から自分のことを大事にしてもらうことから始める。
この時、間違えてはならないことは、認めてもらうことは、こんなことが気になった、嫌だったと思ったことに対して、それが他人が汚したことであっても、自分が動いた時。
私はこんなにも頑張ったということを相手に伝えて認めてもらう。
もちろん、伝える相手は自分のことを認めてくれる人。誰でも伝えていいものではない。
だから、自分の身近に自分のことを認めてくれる人がいたら、その人は、幸せな人。私たちはついついその人のことを軽く扱ってしまいがちですが、本当はその人は自分にとってかけがえのない人だから大切にしないといけない。
自分の存在価値を上げるには、自分のことを認めてくれる人が必要。
そんな人の存在を大事にすることで私たちは自分の存在価値も高くなり、自分の為に腰軽く動くことができるようになるのです。
嫌われている訳ではないのに
よく自分のことが嫌いという人がいる。
こういう人の心の中は、いつもまわりの人が自分のことを悪く言っているように見えているのだと思う。
自分はこんな悪いところがある、こんな醜いところがある。だから、まわりの人は、そんな自分のことを嫌いなんだと思って、落ち込む。
みんな自分のことが嫌いなんだという妄想に取り付かれている。
別に自分に悪いところがあるからと言って、他人はそんな悪いところを見ている訳ではない。だからと言って、自分に仲良くしてくれる訳でもない。
だから、まわりの人が自分に近づかないからと言って、その人は自分のことが嫌いな訳ではない。
本当に思うことだが、どうしたら自分は嫌われているという思い込みから離れられるのだろうと思います。
私は私でいいんだ
仏教から言ったならば、自分が悪いとか、他人が悪いということはない。
でも、私たちは善悪にとらわれて、誰かが悪いと言っては、その人の存在を否定し、自分が悪いことをしたと言っては自分の存在を否定している。
でも、どんなに相手が悪かったとしても、その人を否定すると、自分も否定されているように感じて苦しむ。
だから、悪いというのは、その人の存在を否定することだから、これ以上の悪はない。
そういう意味で仏教では、悪いとはいない。
この世でどんなに悪いことをしたからと言って、その人の存在さえも否定していい人なんていない。
みんなこの世に存在してもいい人。そして、自分も存在してもいい人。これが分かれば、自分に悪いところがあっても素直に認めることができる。そして、まわりの人の良いところも素直に認めることができる。
また、他人の良いところを見ては、自分はこんなにもできないと言って、否定することもない。
私は私でいいんだと思えたら、心は楽になるのに。なかなかそれができないのが罪悪があるからなんですね。
一生懸命生きてきた人ほど間違いを認めにくい
一生懸命生きてきた人ほど、自分の間違いを認めにくい。自分の間違いを認めることで、何か自分は悪い人間になってしまうような不安があるからだ。
人は一生懸命生きてきたからと言って幸せになれる訳ではない。
仏教から言ったならば、どんなに一生懸命生きたとしても、幸せになる為のタネを蒔かなければ、幸せになることはない。
でも、多くの場合、一生懸命生きてきた人に限って、今がただ苦しいから耐えてきただけで、幸せになる為のタネを蒔くことはしていない。だから、その種まきのつけは人生を通して払わなければならない。
つまり、どんなに一生懸命生きてきたとしても、幸せにはなれず、不幸な結果を受けなければならない。
でも、一生懸命生きてきた人にとって自分の人生が不幸になったことは、自分がそのように生きてきたからだとは認められない。
だから、自分は悪くない、悪いのはあいつだと他人を責めようとする。
でも、どんなに他人を責めたとしても、他人は変わるわけではない。
つまり、苦しいことだが、どこかで自分は幸せになる為に何もタネを蒔いてきた訳じゃなかったと思って、これからタネを蒔いてゆくしかないと認めなければならない。
でも、それを認めることは苦しいこと。それは自分の人生を否定することになるからだ。
それでも、たとえどんなに時間がかかっても認めなければならない。それしか幸せになる道はないから。
大切なのは今までの人生ではなく、これからの人生なのですから。



プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス