幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
管理する力
こんにちは上田です。

いつも読んで頂き感謝しております。

ふと思ったのですが、世の中って、自分のものって

実は自分のものじゃないし、

人のものも実は本当にはその人のものじゃないんだなって

思います。

だから、自分のものだと思って、一生懸命執着していても、

自分にそれを管理する資格がなくなったら、

自分のもとから離れていきます。

反対に人のものだと思っているものでも、その人に管理する

力がなかったら、やっぱりその人のもとから離れてしまいます。

だから、大事なことは、自分のもの、人のものという見方を

離れて、ちゃんと管理できる力をつけることが必要じゃないかなって

思います。

そして、自分の力以上に、自分に幸せがやってきたら、

それは、自分を支えてくれる人がいるからだと思って、

その人に感謝して、その人が喜んでもらえるように努力しなくちゃ

いけないなって思います。

やっぱり自分のもの、人のものと思っていたら、

心が狭くなって、頑張っているのに、損ばかりしてしまう

と思いました。

清森ファミリーとあかり


今日は清森さん宅に遊びに行きました
あかりはかんぎおねえちゃんに歌を歌ってもらったし、こうだいお兄ちゃんには体を使った芸を見せてもらいました
帰りにはかんぎお姉ちゃんをピアノ教室まで送って帰りました
楽しかったね


心のホコリ
こんにちは上田です。

整理って定期的にしないと駄目だなと感じました。

以前、整理が大事だと思って、やる気になって片付けたり

していましたが、ふと気がつくといらないものが溜まっているん

ですね。

人間の心って不思議なもので、きれいに片付いていると

やる気がバリバリと出てくるのですが、整理が出来ていないと

段々、心にもホコリが溜まってくるようで、動きがにぶくなる

ように感じます。

やっぱり心の掃除もしないと元気がでませんね。

風邪をひいてしまったのも、それが原因でないかと思います。

整理をこまめにしなければと今はやる気満々です。

頑張って今日も片づけをします。
除夜の鐘
こんにちは上田です。

今年もあとわずか、皆さんは今年はどんな年でしたか?

家の大掃除の真っ最中って人も多いと思います。

1年間たまったゴミを出したり、掃除をしたり、大変ですね。

ところで、大晦日には、いつも除夜の鐘を聞きますが、

そのいわれを知っていますか?

除夜の鐘は、108叩きますが、この108というのは

私たちの煩悩の数を表しています。

煩悩とは私たちを煩わせ悩ませるもので、たとえば、

会社で部下に思わず、怒ってしまったとか、

思わず欲を出して、株で大損したとか、

影で、上司の悪口を言って、そのときは楽しかったけど、

後から振り返って、なんとも嫌な気持ちになったとか、

そういうものが全部で108あり、

これを仏教では108煩悩と言われるそうです。

そして、除夜の鐘を叩くことによって、

いやあ、今年は煩悩で一杯苦しんできたなあ、

来年こそは煩悩で苦しまない年にしたいなあという願いを

こめて、煩悩の数だけ叩くのが除夜の鐘だと言われます。


「家の整理も大事だけど、もっと大事なことは、心の整理です。

1年の自分の生き方の反省をして来年に臨んでくださいね」


と私たちに教えて下されるのが、除夜の鐘なんじゃないかな

って思います。

皆さんが、来年は今年以上に幸せになれる年であることを

念じています。


プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス