幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
心を開いたからこそ、面倒くさい人になる

感情が閉じていた人が感情を開き始めると、何となく開いた相手に対してすねるように感じます。

きっと自分のことをもっと見て欲しいと思うからであり、見てくれないと自分なんかその人にとって必要ない人だとか、邪魔な存在だと思って、自分を否定するようになる。

この自分なんかいなくなったらいいという心が仏教で殺生と言われるものだが、殺生業を持つと相手にとって自分の存在が邪魔だと感じた時、自分なんかいない方がいいと思うようになり、自分の殻に閉じこもって一人になろうとする。

本心から言えば、一人になんかなりたくない。自分の存在をかまってもらいたいのだが、一度ひねくれると自分なんかいない方がいいと思う気持ちと相手に心配をかけて分かってもらいたいという気持ちが一緒になってどうしても相手に対して素直になることができなくなる。

それは接する人にとっては面倒くさい人になるということなのだが、その人が心を開いてくれたことは、一つ前に進んだことなので、嬉しいことでもある。

人を幸せにすることは、自分が傷つく覚悟がなければ、難しいことなのですね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/1872-6cc3f3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス