幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
善人の間は分からないこと

人はみな自分は正しい所に立って生きている。

そして、自分が正しい所に立っているからこそ、間違ったものに対して見下し、価値のないように思って見ている。

そうやって、正しい所に立っている間は心も安定して、自分は善人だと思って生きていることができるが、何かのことで自分は正しいという前提が崩れてしまうと、自分が今まで悪人に対して見下して来た分、善人から悪人になったときに、自分が見下されたように感じて苦しむ。

善人の時には、悪人になった時の気持ちは分からない。

どれだけ自分が惨めか、どれだけ自分がここに存在してはいけないように思うか。

悪人になった人しか分からない。

でも、その時は感情が崩れて人を責めずにはおれなくなる。

ちょっとのことでも自分が否定されているように感じて、自分が悪者になりたくないから、みんなを悪者にしてしまう。そうやって、まわり中すべてを否定してしまうのが、悪人になるということ。

でも、それは善人の間は分からない真実。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/1967-ce4ae07b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス