幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
責任者は謝るのが仕事

多くの人は上になったら、楽ができると思っているが、現実は上になったら責任を取らなければならない。

責任を取るとは、よく世の中では、「責任を取って辞任する」という話を聞くが、本当に責任を取るとは、途中で投げ出すことではない。

責任を取るとは、最後まで、自分に与えられた仕事を全うすること。

途中で、他の人たちが止めてしまっても、責任者だけは最後まで投げ出すことなく、最後までやり遂げなければならない。

もちろん、必ずしも上手く行くとは限らない。

でも、上手く行かなかったときは、その時は潔く頭を下げる。

私は責任を取るとは、頭を下げることだと思います。

もちろん、頭を下げたからと言って、何でも許される訳ではない。

でも、誰かが責任を取って頭を下げなければ、傷ついた者は心が癒されることはない。

頭を下げるのは悪いからではない。謝るのは傷ついた人の心を癒やす為。

その時に大事なことは、傷ついたものは、起きてしまったことは、もう元には戻らないと明らかに見ることが必要。

でも、そう言われても、心が納得しないから、誰かを責めてしまう。

でも、責めたからと言って、起きてしまったことが元に戻る訳ではない。

だから、起きてしまったことは、起きてしまったこととして、仕方ないと諦める。

でも、そう言われても、納得できないから、誰かが謝らなくてはならない。

つまり、謝るのは、傷ついた心を癒やす為であり、目の前に起きた現実を受け止める為でもある。

傷ついた心は誰かが謝らなくては癒されない。だからこそ、傷ついた人の心を癒すために責任を取る人が必要であり、責任者は誰よりも謝らなくてはならないと思うのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/1970-928df316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス