幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
感情を受け止めてもらう

なぜ私たちは心の中に穢れが溜まっていくのか?

穢れとは多くは悲しみ。

悲しみとは、自分の感情を無視することによって溜まる。

例えば、自分が相手と仲良くしたいと思っているのに、相手が自分のことを避けると悲しくなる。

この時、こんなことがあって悲しかったと言って、近くにいる人に自分の感情を受け止めてもらったならば、心は軽くなる。

でも、私たちは自分の感情を受け止めてもらうことよりも、こんな悲しい気持ちにした相手に目が向く。

そして、相手がこんな事さえしなければ、私はこんな悲しい気持ちにはならなかったのに、と思ってしまう。

しかし、それこそ、自分の感情を無視することになる。

感情からしてみれば、そんな悲しいことをした相手を問題にして、もう二度と同じことをしないようにしてもらうことよりも、自分の悲しいという感情を受け止めてもらいたいと思っている。

確かに、こんなことさえなかったならば、自分は平常心を崩すこともなかった訳だから、自分の我を崩した相手に目が向くのは仕方のないこと。

でも、そうやって、どんなに相手を問題にしても、無常の縁は無量。

自分の我を崩すような縁はいくらでもやってくるもの。

だから、我を崩した相手を問題にするのではなく、感情が崩れた時に吹き上がる悲しみを受け止めてもらう。

それだけで自分の感情はずっと楽になる。

悲しい時、誰かを責めても仕方ない。

それよりも悲しいという感情を誰かに受け止めてもらうこと。

それが何よりも大切なことなのですね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/1982-30639dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス