幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
苦しみは自分の心が生み出す

肉体には魂が宿っている。

しかし、私たちはこの魂(心)の存在が分からず、肉体の意識こそ自分だと思っている。

だから、自分の心に対して、私たちは平気に酷いことができてしまう。そうやって、魂に酷いことをすると、私たちの唯識(見えている世界)は傷つき、歪む。

例えば、欲に流され、自分の心を蔑ろにしたならば、自分の見える世界は誰かから蔑ろにされているのではないかと感じるようになる。

そして、この人は、自分のことを蔑ろにしているか、どうかで人を見るようになる。

また、自分の心を否定していると、世界は自分の存在に対して否定してきているように感じる。だから、無意識のうちに否定されないように自分はこんな価値のある人間なんだと胸を張れるようになりたいと思うし、自分の中で何か自信を持ってこれがあると言えるものがないと、「自分なんかこの世に存在しても意味がない。こんなことだったら死にたい」と思うようになる。

しかし、たとえ死んだとしても、この自分のことを否定する心の声は消えることはない。それはこの唯識の世界は肉体が滅んでも、消えることなく、自分に心の世界を見せ続けるからだ。

そういう意味で、私たちは他人のせいで苦しむのではない。他人の言動で苦しいと感じるのは、すでにそんな苦しい唯識の中に生きているからである。

そんな唯識の世界はすべて自分の心に対して、すでに自分がやっていることであり、それが世界を通して自分の心を苦しめている。

だから、生きていて苦しいと感じるのは、すでにちよっとした縁で自分が苦しいと感じる世界にいるからなのである。

そういう意味で、苦しみとは、他人のせいで生み出されるものではない。自分の心を無視したり、否定したり、責めたりすることによって生み出されるのである。

それが分からないから、他人が自分のことを傷つけていると思って、他人を否定するし、その人がいなくなれば、自分は楽になると思ってしまう。

自分を苦しめているものは自分であるという真実こそ、私たちが苦しみから離れる為に知らなければならない真実なのである。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/1992-74437984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス