幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
仏を念ずる

仏教ってつまる所、自分を知る教えなんだと思います。

私たちは自分が見えてない時は、何でもできる所に立って、他人を見下し、他人の悪い所があったら、こんな所もできないのかと、その相手を責める。

でも、自分が知らされてくると、自分って今まで他人のことをあれこれ言っていたけど、偉そうによくもそんな酷いことが言えたものだと、とても他人の批判なんて言えなくなる。

他人の批判が言えるのは、自分が正しい所に立っているからであって、自分の間違いが知らされると、他人の批判なんて、とても言えない自分なんだとまざまざと知らされる。

では、自分の姿が知らされるとは、どういうことか?

それは仏様と比べて自分はどうかと比較すること。

仏様と比べたならば、出来ている人なんていない。でも、仏様のお姿こそ、善だからこそ、仏様を基準として、自分を比較して、自分は善なんてないなあと見せつけられる。

どんなに悪い人間であっても、自分もいっぱい出来ていない所があるから、否定できない。

それが仏様を念ずる人の姿なんだと思いました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2008-2961c115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス