幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
怒った人が謝る

怒る人ほど、自分は本当は怒らない人間だと思っている。

そして、自分は本当は怒りたくはなかったけれど、相手がこんなことをしたから怒ったんだと相手を恨む。

つまり、怒った自分よりも、怒らせた相手の方が悪いのだと思ってしまう。

だから、怒る人にとって、いつも怒らせる相手が悪いのであり、相手がこんなことさえしなければ、自分は怒らずに済んだと思ってしまう。

当然ながら、自分は怒りながら、決して自分から謝ろうとはしない。

怒らせた相手が謝ればいいと思っている。

このような人は、自然と人が離れてゆく。

だって、怒らせた相手は謝ることなく、その人から離れてゆくから。

仏教では、怒った人が謝らなくてはいけない。

さっきは怒ってごめんねと謝る。

それは相手に謝ることによって、怒ってしまった自分を許すことになるから。

怒った人が謝るのは難しいことだが、それができれば、ずっと心が楽になる。

難しいことをするのが尊いことなのですね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2019-bbb0f87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス