幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
目を相手の方に向ける

時間があったら欲に流れている人は、ふとしたことで自分は何の為に生きているのか分からなくなる。

だって、欲に流れても、だだ時間を埋めているだけで実りのある時間の使い方ではないから。

じゃあ、実りのある時間の使い方とは何か?

それは自分のことを必要としてくれる人の為に時間を使うこと。

例えば、子供。

子供は自分のことを必要としてくれる。

一緒にいて欲しいとせがんでくる。

だから、子供の為に自分の欲を断ち切って、一緒に過ごす。

その時に大事なこと。それは自分の目。目はどこに向いているか。この目を自分を必要としてくれる人の方に向ける。つまり、

相手の方を見てあげる。

時間があるからと言って、携帯を見るなど、欲に流れようとしない。暇だなと感じても、相手の為に時間を取ってあげる。そうすることで、相手はちゃんと自分のことを見てくれているのだなと感じて幸せを感じる。

幸せとは如何に付き合うか。それによって相手も幸せを感じ、自分も幸せになるものだと思いました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2022-be157401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス