幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
悪を責める人ほど、自分の悪は認められない

私たちは、相手が一旦、悪いと認めたならば、その相手に対して容赦なく責める。責めるというのは、溜まった負の感情を吐き出すという行為だから、悪いと認めた相手は、一方的に負の感情をぶつけられ、苦しまなければならない。そして、この苦しみは相手が怒りの感情をぶつけた後も続く。それは相手からぶつけられた負の感情を受け取るから。負の感情は溜まると誰かが悪いということで責めることで吐き出したくなる。ところが、自分が悪いということで相手の負の感情をもらった人は、自分が悪いから、誰かを責めることができない。

責めることができないから、自分を責める。その為に苦しむ。しかも、私たちは、悪いと認めたのだから、直す筈だと思って見ている。その為、悪いと認めた所が直ってないと、また、その相手に対してここが出来ていないと責めるし、その時、負の感情が溜まっていたならば、容赦なく相手に感情をぶつけ、負の感情を吐き出す。

だから、悪いと認めると、そのことによって、何度も何度も責められて苦しまなければならない。

その為、悪いと認めて責められた人ほど、責められたくないから、自分だけが悪い訳ではない、相手の方が悪いと責めるようになる。そして、自分は悪くないという所に立つようになる。それでいて、悪い相手は、容赦なく責めるし、相手が謝っても、相手を許すことができずに、自分の気が済むまで、一方的に責めてしまう。

悪を責める人ほど、自分の悪は認められないものなのですね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2066-6b9c28fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス