幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
餓鬼の業

次に餓鬼の業とは、自分よりも誉められている人、裕福な人、センスがいい人、頭がいい人、また、いろんな良いところを持っていて、人から認められている人を見た時、口ではすごいねと相手を誉めるようなことを言いながら、心では、この人を妬ましいと思って、その幸せな所から引きずり下ろしたいと思う心。他人の幸せを見ると苦々しく思い、その幸せを奪い取って自分のものにしたいという心。また、他人が不幸になる姿を見たならば、口では可哀想と言いながら、心の中ではいい気味だと思う心。私たちは心を見られることはないことを良いことに、心の中では好き放題思っている。そんな自分の心がもしまわりの人に見られたらどうだろうか?

きっとまわりの人は、こんなことを思っているなんて酷いと思って、自分の所から離れてゆくだろう。そんな醜い心を私たちは抱えている。これが餓鬼の心。餓鬼とは、他人の幸せを妬み、他人の不幸を喜ぶ存在。その醜い心が姿形を持って、現れたのが餓鬼。私たちは、こんな醜い心を持っていても、お互いに相手の心が見えないから、相手から出る言葉だけを信じて、相手のことを信頼している。でも、もしその心が見えてしまったとしたら、それは人間関係は破綻し、とても一緒に暮らしてゆくことはできない。そんな心を抱えていながら、平気でいるのが私たち。その心を知られ、自分はなんて醜い心を抱えているのだろうと懺悔されているのが、善導大師のこのお言葉なのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2068-6bc34bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス