幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
どんな環境で育ったかによって念は形成される。

人間は自分の育ってきた環境によって自分に対するイメージが形成される。もちろん私たちには業があるから、生まれてからどう育てられただけで、自分というイメージが形成される訳ではないが、多くの場合、自分はどんな環境で育ってきたかによって、自分というイメージが形成される。

このイメージを仏教では、念という。

例えば、自分の存在を無視されて育った人は、自分は無視されるという存在だという念ができる。そして、その人は、いつも自分の存在を無視されていると感じるようになるし、まわりの人も無視するようになる。

つまり、この念によって、私たちの心の世界である唯識が生み出される。だから、自分が世界を通して感じていることは、それはそのまま自分のことを私はどう思っているかであり、他人のことをどう思っているかということでもある。

自分はどんな環境で育ったかというのは、自分の生き方を生み出し、自分の運命さえも生み出す大事なもの。

できれば、自分の心を大事にしてもらえる環境で育ちたいものですね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2078-0eea0714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス