幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
墓参りの意義

仏教では、墓参りとは、亡くなった人の為に行くのではなく、生きている私たちの為に行くものだと教えられます。人は、必ず死ぬ。どんなに生きている時は栄耀栄華を極めたとしても、死んでしまったならば、ひとつまみの白骨しか残りません。そのお骨が収まった所に私が参ることで、自分もやがて死ぬのだなということを念ずるご縁にさせて頂く。私たちは日頃自分が死ぬなんて、考えていません。今日が終われば、明日が来て、それがいつまでも続いてゆく。そう思って毎日を過ごしています。でも、どんな人にも必ず死というものはやってくる。そう、今日が終われば、そのまま死が待っているかも知れないのです。どんな人にも必ずやってくる死。その死について、一年に一回でも真面目に考えるご縁にさせて頂くのが、墓参りなのです。だから、墓参りをすることで、自分の死について真面目に考え、残された時間、何をしたら悔いのない人生となるか、を考えるきっかけとさせて頂くのが墓参りなのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2082-79bba06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス