幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
やらされているのではなく、自分の足で生きてゆく
自分が忙しい時ほど、楽している人が目につき、許せなくなる。でも、そこで相手を責めてしまうと、責めたことが自分に跳ね返り、楽をしようとすると、何か刃のような目が自分に向けられているように感じて、責められたくない一心で自分を忙しくさせてしまう。
仏教から言ったならば、楽をしている人がいたならば、責めるのではなくて、あの人いいなと羨ましく思うことが大切。
それは心の中で責めているのは、本当はその人が楽をしていることが羨ましく思っているから。
だから、その人を責めることよりも、忙しくさせてきた自分を少しでも余裕を与え、ゆっくりさせてあげることが大切。
たとえ忙しくしなければならないにしても、誰かにやらされていると思うのではなく、自分の意志で動く。
誰かにやらされていると思うから、無力感が起きて、その無力感から誰かを責めて、自分が味わった無力感を味あわせようとする。
やらされているのは、良くない。やらされているのではなく、自分の人生自分の足で生きてゆくことが大切ですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2206-09610f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス