幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
嫌な人ができるのは、自分のことが嫌いだから。
なぜ人は誰かのことを嫌いになるのだろう。
それは相手の姿を通して自分の嫌な姿が見えるからだと思います。例えば、相手が直接自分に対して何かしてくる訳ではないのに、相手の言動が嫌になって、その人の存在そのものが嫌いになるのは、自分の中に理想があって、こんな人間になりたい、こんな人間になりたくないというものがある為に、そんな自分の中で人間と認めないような嫌な部分を見せられるから、その人の存在を嫌だと感じるのだと思います。
でも、相手を通して見えている嫌だと思うところは、自分にも当てはまるもの。そんな嫌な部分が自分にもあるから、自分は他人から嫌われると思って否定している部分を相手を通して見せられると、その相手を通して、お前にもこんな悪い所があるのだと言われているような気がして、どんなに自分の中で嫌な部分を否定したとしても、自分の中から無くすことはできないのだと感じて無力感に襲われる。
だから、自分の中で否定しているから、自分の中にはないんだと思いたい。それでそんな嫌な部分を見たくないし、見せられたくもない。それで自分の嫌な部分を否定するように、相手を否定してしまうのです。
だから、本当は嫌なのは相手ではなくて、自分の嫌な部分なのだということに気づかなければならない。そうしなければ、どんなに嫌な人が目の前からいなくなっても、また、自分と同じ嫌な部分を持った人に出会ったならば、苦しまなければならないから。苦しみは自分の心に原因があるのですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2279-961a5471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス