FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
布施
布施とは何か?

布施とは、相手の役に立つように色々なことをしてあげることではない。
布施とは、自分が望んでいることを相手に与えること。
では、自分は何を望んでいるのか。
それは、私の心はいつも愛を求めている。
私の心を見たならば、自分のことを見て欲しい、自分のことを大事にして欲しい、認められたい、無視されたくない。こんな心が見えてくる。これらの心はすべて愛を求めている心。みんな愛が欲しい。愛が欲しいからこそ、お金を求めるし、地位や名誉を求める。何故なら、それらのものを手に入れたならば、自分のことをみんなが見てくれる。大事にしてくれると思うから。
でも、実際はどんなにそれらのものを手に入れたとしても、人は注目してくれるが愛はくれない、だから、ますます愛が渇き、もっとお金を手に入れたら、財を築いたら、地位や名誉を手に入れたら、心が満たされるのかと思って求め続ける。
私たちは愛を求めながら、愛を手に入れることができず苦しんでいる。
だから、この愛をまず相手に与えてゆくことが布施。

自分も寂しい心を抱えているように、相手も寂しい心を抱えているのだと思って、まず相手の心の寂しさを埋めてあげる。
みんな寂しいし、声をかけてもらいたいと思っている。だからこそ、まず相手に対して声をかけてゆく。朝会ったら挨拶をする。こちらから声をかける。さらに一言、相手のことを考えた言葉をかけてゆく。元気?とか、頑張っているねとか、相手が喜ぶ言葉をかけてゆく。そうすることで、相手は喜ぶ。この喜んでもらいたいという心が布施。
相手を幸せにしてあげたいと思うからこそ、自分の心も幸せになる。
それは幸せにしてあげたいと思う心は自分へと跳ね返るから。みんなを幸せにしてあげたいと思う人は、世界が私の幸せを念じてくれるように感じる。それに対して、幸せな人を妬むと、自分が幸せになるとみんなから妬まれるように感じて、自分は幸せになってはいけないように感じてしまう。また、自分の幸せしか考えない人は、他人の存在を無視しているので、みんなが楽しそうにしているとみんなが自分のことを無視しているように感じて寂しくなるし、なんでこんなに自分が寂しい思いをしているのに楽しくしているのだと腹が立つ。

幸せも苦しみもすべて自分の種まきから生み出される。幸せになりたければ、自分が望んでいるものを如何にまわりの人に与えてゆくか。それは実際にできなくても、思うだけで、自分の心を豊かに幸せにしてゆく。
幸せはまず与えること。それは一つの種まきでも、その種まきは世界から返ってきて、自分の心を幸せにしてゆくのですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2416-2c678d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス