FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
雨降って地固まる
◆雨降って地固まる

雨降って地固まるということわざがあるが、これは問題が起きた後の方が起きる前よりも返っていい関係になるということ。

これを通して思うことだが、問題が起きたからと言って、起きる前よりも関係が良くなる訳ではない。それは家の中で問題が起きた時、誰か悪い人がいて、その人が悪いから、問題が起きていると思っているから。
でも、問題というのは誰かが悪いから起きる訳ではない、多くの場合、お互いの気持ちのすれ違い、またお互いが相手のことを誤解することによって問題が起きているのだと思います。

だから、問題を解決するには、お互いの気持ちを伝えて、意志疎通をして誤解を解くこと。
それしかない。

ところが、私たちは問題が起きた時に相手が悪いと思い込んで、その悪い奴に罰を与えて苦しませることによって、相手は自分が悪かったと認め、自分の間違いを知り、反省すると思っている。
だからこそ、人は、問題が起きると自分のことは棚に上げ、徹底的に相手を責める。

しかし、相手を責めて苦しませたからと言って、相手は悪かったと認め、反省するものではない。
それどころか、なんで自分がこんな目に遭わなければならないのだと思って、余計、自分に対して恨みを起こし、もう二度と自分のことを許さないと思うだけ。
これでは、雨降って地固まるどころか、雨降って土砂降りになるとなってしまう。

私たちは問題は相手が悪いから起きるのだと思っているが、相手だけが悪いから問題が起きるのではない。
真実から言ったならば、自分も悪いし、相手も悪い、両方悪い時しか問題は起きない。
でも、私たちは自分が悪いと認めることができないから、問題が起きると相手が悪いと言って相手を責めてしまう。
そして、相手が悪いのだから、その相手は罰を受けて苦しめばいいと思ってしまう。

こんな時、大事なことは、悪いのは相手だけじゃなくて、自分もだと思うこと。それは難しいことだが、それでも相手を一方的に責めるのではなく、相手の方に目を向け、相手はどんな気持ちなのか聞いてゆく。
そうすることで、お互いの誤解も解け、また仲良くなることができる。
大事なことは問題を通して如何に自分が悪かったと認めることができるか。自分が悪いと思うからこそ、相手は今どう思っているかに耳を傾けることができる。
そうやって、問題を通して相手を深く知ることができてこそ、雨降って地固まるとなるのですね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2421-14998460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス