FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
自分が死ぬとは思っていないから、心でどんな悪を造っても平気でおれる
人間いよいよ死んでゆかなければならないとなると、自分の行く先が問題になる。死んだらどこへ行くのか。できれば、幸せな世界に生まれたい。この行く先は何が決めるのか。その時、私たちは今まで見ることはなかった自分の心に目を向ける。それは心で何を思っているのか。それが自分の心の世界を生み出してゆくから。
だから、死を目の前にすると、自分の心でどんなことを思ってきたか、それが問題になる。

では、死を目の前にして私たちはどんな心が見えるのだろうか。
それはいつも自分の欲を優先して思いを通してきた為にどれだけ他人を傷つけてきたか。また、思い通りにならない時は腹が立て、悪いのはいつも他人のせいだと、どれだけ他人を責めて苦しめてきたか。そして、いい人と思われたくて、他人前ではいい格好をしているが、心の中では他人には言えないような醜いこと、汚いこと、恐ろしいことを思い続けている。そんな心が相手に分かったならば、相手は自分のことをきっと嫌いになって離れてしまうのに、相手は心が見えないことをいいことに、そんなことを思いながら、ニコニコと他人に接してきた。そんな醜い愚痴を抱え続けてきたこと。

自分の心に目を向ければ向けるほど、ろくな種まきをしていないことが知らされ、こんな心では自分の後生はどうなるのだろうかと恐れおののく。
心が世界を生み出し、自分の行く世界を決める。死を目の前にした人は、自分の行く先が不安になり、心を問題にせずにはおれなくなる。

私たちは死ぬまで、自分が死ぬとは思っていない。それはいつか死ななければならないと思ってはいても、それはまだまだ先のことであり、そうやって死を遠くに追いやることで、自分が本当に死ななければならないなんて、考えることなく、毎日過ごしている。
だから、死ぬとは思っていないし、死後が問題にならない。そして、死後が問題にならないから、自分の心に目を向けることもない。
その為、自分の心でどんなに汚い欲、恐ろしい怒り、醜い愚痴を起こしていても、気になることもなく、毎日当たり前のように悪を造り続けている。
まさに後生は一大事なのだが、本当に死ぬまで、心に目を向けることはない。
これが仏教で教えられる後生の一大事なのである。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2445-8f97e824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス