FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
責めるのではなく、癒やす
子育てで大事なこと。それは子どもの心が傷ついた時には、いっぱいよしよししてあげることだと思います。
私たちは自分の心が傷ついた時、傷ついた心を癒やすことよりも、まず自分の心を傷つけた人を責めてしまう。
それはこの人がこんなことさえしなければ、こんな思いをしなくて済んだという思いてあり、もう二度と自分の心を傷つけるようなことをしない為に、その相手を責めてしまう。
でも、どんなに相手を責めたとしても、この世は無常。
自分の心が傷つくような縁はいくらでもある。
だから、心が傷つかないように生きるのではなく、傷ついてもすぐに立ち直れるように生きた方がいい。
じゃあ、そんな人になるにはどうしたらいいか。
それはズバリ、よしよししてもらうこと。
子どもの時、いっぱいよしよししてもらった人は、傷ついた時に責めるのではなく、自分の心を癒やそうとする。
癒すから心が強くなり、同じような縁でも心が傷つかなくなる。
心が傷ついた時にどんな行動に移るか?
責める人は、いつまでも心が弱いままであり、癒やす人は、心が強くなる。
それを決めるのが、子どもの時に親からどうしてもらったかということ。
兄弟喧嘩をした時、必ずどちらかが傷つく。その時、誰が悪いかを問題にするのではなく、ひたすら傷ついた心を癒やしてあげる為によしよししてあげる。
そうすることによって、子どもは自然と心が傷ついた時、責めるのではなく、癒すようになる。
子どもの未来を決めるのが、親が子どもにどう接してきたかということなのですね。気をつけてゆきたいものです。


よしよし、他人を責める、心が強くなる
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2453-c682e798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス