FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
構っているのではなく、付き合ってもらっている
私は人と一緒に過ごしていながら、孤独な生き方をしている。
それは小さい時に、寂しい時も親がそばにいてくれた訳ではなく、いつも独りで過ごしてきたからだと思います。

だから、人がいても、一緒に過ごそうとはせず、いつも人がいながら、まわりの存在を無視して、独りの世界の中にいるように感じます。

でも、独りで過ごしてしまうのは、人との接し方が分からないからなんだと思うのです。

人との接し方が分からないから、いつも独りで過ごしてしまう。独りで過ごしてしまうから、人がまわりにいる時にはいいが、独りになると、自分は何の為に人と一緒に過ごしてきたのか分からなくなる。

この人との接し方が分からない自分がどうしたら他人と接することができるか?

その為に必要なことは子供の存在だと思います。子供はいつも構って構ってとせがんできます。

その時、子供のことを構っているのではなく、自分の方が付き合ってもらっているのだと思って、子供と一緒に過ごしてゆかなければならないなあと感じます。

僕って寂しい存在なんだなと感じます。その寂しさを解決する為には、なるべく子供と付き合い、人と一緒に過ごす方法を学んでいかなければならないと思います。

せっかく自分に対して構って構ってと言ってくれる人がいるのだから、その人と一緒に過ごして孤独な生き方を変えてゆきたいです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2613-8d8667d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス