FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
心が浄らかになるとは
心を浄らかにするとは何か。

浄らかとは、物事を煩悩によって歪ませることなく、ありのままに見えている状態。

ありのままに見るとは、自分にとって都合の悪い現実を煩悩によって見えなくさせて、都合の良いように見るのではなく、ありのままに見ること。

だから、ありのままに見るとは、自分にとって都合の悪い現実を見なければならないから、苦しい。
つまり、心が浄らかになると自分の見たくない現実まで見なければならないから、心が穢れていた時よりも苦しくなる。

でも、正しく見えなければ正しく判断することはできない。

私たちは、苦しみたくはないから、煩悩によって世界を歪ませ、見たくない不都合な現実を隠している。
その為、正しい判断をすることができず、苦しみの流転を繰り返さなければならない。

中でも正しく見れないもの。

それは時間。

私たちは、いつまでも生きられると思って生きている。
だから、自分の時間の使い方に疑問を起こすことはしない。
自分が死んでゆかなければならないということがもし分かっていたら、必ず自分の生き方に疑問が起きてくる。

このままただ流されるまま時間を費やしていていいんだろうか。

このまま一生を終えたくはない。
自分の中で言い知れない気持ちが起きてくるはずです。

これが心が浄らかになるということ。それは自分の死について真剣に考えるようになることでもあるのです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2697-9187bcb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス