FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
自分のものにする所から苦しみが生まれる
仏教では、苦しみとは、物や人に我をつけて自分のものにする所から起きると教えられる。

なぜ自分のものにしたら苦しみが起きるのか?

それは自分のものにしたものは、自由にできると思っているから。

自由にできるとはどういうことか?

自由にできるとは、価値のあるものでも、価値のないものとして見て軽く扱うことができる。

思い通りにならないものは責めて思い通りにすることができる。

自分が楽になるために、相手を動かすことができる。

これが自由にするということ。

でも、私たちは相手に対して思ったことは自分に跳ね返る。

馬鹿にしたら、馬鹿にされているように感じるし、責めたら責められているように感じる。そして、自分が楽をした分だけ、自分が動かないといけなくなった時に苦しくなって、不満しか起きて来なくなる。

私たちがこれは自分のものになったと思って、自由にすると、物にやったことは自分に跳ね返り、今度は私たちは軽く扱われているように感じて、何とか自分の価値をまわりに認めさせようと頑張るようになるし、責められないように生きるようになる。また、他人の為に動くと不満が起きるので、自分が認められるか、楽をする為にしか動けなくなる。

そして、このようになると、人生は思い通りにならないことがいっぱいで苦しむ。

あれもこれも障りになる。障りになったことがいつまでも忘れられず苦しみ続ける。

すべて自分のものにしたいという心から起きる。苦しみとは、自分のものにして安心する所から生まれるのですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2736-5ba5af6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス