FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
整理(執着)
整理とは使っているものと使っていないものを分けて、使っていないものを捨てること。
ここで使っているとは、いつも使っているもののこと。
今、使っているものだけが、本当に自分にとって必要なもの。
それ以外は執着で自分の手元に置いておきたいと思っているだけ。

ここで執着とは何か?

執着とは心の穢れ。具体的には、自分の間違っている所を教えてもらっても、すぐに直そうとはせずに面倒臭いと思って後回しにする心。

心が穢れるとどうなるか。

まず、その人は豚になる。ブーブーブーと不満を言うようになる。どうしてこうしてくれないの。あーしてくれないのと愚痴がこぼれる。
これが穢れ始め。まわりの人の悪い所ばかりが目につき気になる。文句が多くなる。
これが穢れ始めの姿。

では、もっと穢れたらどうなるか。
その人は牛になる。
牛とは、何かお願いすると、モー、なんで私がやらないといけないと何もかも面倒臭くて、動きが遅くなる。自分の欲の為なら動いても、他人の為には面倒臭くて動かなくなる。それでもお願いすると、面倒臭いのに動かないといけないから、モー、モーと言いながら、面倒臭くて、心が重くなって動きが遅くなる。
これが本格的に穢れた状態。

それでは、もっと穢れたらどうなるか。こうなってしまうと、面倒臭くて、石のように欲以外何もしなくなる。それでなんで動いてくれないのかと文句を言おうもんなら、自分だって一生懸命頑張っているんだと、石を叩くとこちらの方が痛くなるように激しく反発してくる。

このように心が穢れると自分のことで心が一杯になり、やらなければならないことがあっても面倒臭くて、後回しにするようになる。
これが執着が溜まった姿であり、心が穢れるとこのようになってゆく。

心が穢れると頭でこれをしなければならないと分かっていても、面倒臭くて、何もかも後回しにしようとする。

一度こうなってしまうと、もう執着を断ち切り、使わないものを整理しない限り、穢れを取ることはできない。

つまり、整理とは心の穢れを知るバロメーター。

整理しないといけないと分かっていても、面倒臭くて出来ない人ほど、心が穢れている。

心が穢れている人は自分のことしか考えなくなる。
たとえ相手が自分の気持ちを分かって欲しくて訴えたとしても、いつも自分の欲を満たすことに一生懸命で忙しく、相手のことは全く考えない。

また、心が執着で埋め尽くされているから、いつも心に余裕がない。
余裕がないのでちょっとしたことで腹を立てる。少し思い通りにならないことがあると相手を責める。
そんな心が穢れた人は相手も見えてないし、自分のことも見えてないのである。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2737-7f3287d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス