FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
厳しく注意した時ほど、自分の方から近づいてゆく
親子の関係であるからこそ、親は子供に叱ることができる。それは子供が間違った考え方をしている時に、その誤った考え方を正すために、厳しい口調で子供に対して注意をする。

この時、親としては、子供の方から頭を下げて近づいてきてもらいたいもの。でも、現実は、子供は注意されたことにショックを受けて、親のことを避けるようになる。

これが現実なんだと思います。だからこそ、叱った後は、親の方から子供に近づいてゆき、フォローしてあげる。子供が注意されたことによって、自分は嫌われたと思ったり、迷惑な存在だと感じてしまったならば、親は子供に近づき、さっきは注意したけど、別に何とも思ってないことを伝えてあげる。

私にとってあなたは大事な存在だし、あなたが悪いことをしたとしても、あなたに対しての見方は変わることはないことを伝えてあげる。

私たちは厳しく注意されると、相手がこんなに注意したのは、私のことが嫌いたからと思ってしまう。だからこそ、注意した人の方から近づき、あなたは自分にとって大事な存在なんだということを伝えてあげる。

私はどんなことがあっても、見方を変えることなく、大事な存在なんだと見てあげることができるのは、親子関係くらいしかないと思います。

親だからこそ、子供に対して変わらぬ愛を与えてゆく。それは厳しく注意した時ほど、暖かい愛情で接してゆく。そうしなければ、子供は自分は迷惑な存在にならないように生きてしまう。

どんなことがあっても、親は私のことを大事な存在と見てくれるのだと信じてもらえるように、子供に接してゆきたいですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2765-e6ccdaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス