FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
渇愛
仏教で煩悩の元が渇愛。渇愛とは、愛が渇き。ここで愛とは愛欲のこと。自分のことを愛して欲しい。大事にして欲しい、認めて欲しい、分かって欲しい、無視されたくないという心。
この心に渇いている。これが渇愛。

では、なぜ渇くのか?

それは本当は自分の存在を愛して欲しいのに、その心を正直に伝えることができず、格好つけて自分を偽って、他人から見た自分を価値のある人間と認めてもらったならば、愛欲も満たされると思っているから。

だから、渇愛とは、愛欲が欲しいのに、価値を問題にしている。
例えば、認めてもらいたいから、一生懸命勉強する。勉強することでいい成績を取る。そうすると、まわりの人から頭良いねと認めてもらえる。

でも、どんなに頭のいい人だと認めてくれたとしても、自分が正直に認めて欲しいと自分の気持ちを出して認めもらった訳ではないから、愛欲は満たされない。だから、相手の目が自分に向いている時は嬉しいが、相手の目が他の方向を向くと不安になって、見捨てられないようにもっと頑張る。

この人の心にはいつも自分の存在を見捨てられるのではないかという不安がある。

不安があるから、価値を求め、価値を手に入れたら、自分は見捨てられないのではないかと思って安心する。

でも、どんなに一瞬は見捨てられないと思って安心しても、相手が認めているのは、自分ではなくて、自分の価値だから、相手が自分のことを見続けくれるように頑張り続けなければならない。

これが渇愛。
この渇愛から価値を求めている人は、基本的に根底には見捨てられるのではないかという不安を抱えている。だから、どんなに価値を手に入れて不安を覆い隠しても、何かのことで自分の価値を否定されると、途端に不安になって、いつまでも相手から言われたことが忘れられず苦しみ続ける。

相手のちょっとした言動も自分のことが嫌いだから、そんなことをしたように感じて不安になる。

不安になるから、他人の悪口を言って、自分よりもダメな存在を作り出す。でも、ダメな存在を作り出すほど、みんなも心の中では自分の悪口を言っているような気がして、人を避けるようになり、引きこもりがちになる。

このような人は価値のあるものを手に入れている間は一見自信たっぷりで強いように見えるが、価値を失った時はもろい。みんなが自分の悪口を言っているような気がして、他人のちょっとした言動でも傷つく。

これが愛を満たしたいと思いながら、見捨てられない為に価値を求め、愛が渇き苦しむ人の姿なのです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2852-fc91ed88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス