FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
一人になるために生きている
私たちは不思議なもので、一人になると寂しいと思うくせに、人と一緒にいる時は、その人と楽しむことはせず、早く終わって、自分の時間を持ちたいと思う。

子育ても、子供が大きくなって自分の元から離れてしまうと、寂しいなあと思うのに、子供が小さい時には、子供が構って構ってと声をかけることが鬱陶しく感じられて、早く大きくなって子育てから解放されたいと思ってしまう。

考えてみたら、私たちはいつも目の前のやるべきことを、仕事のように感じて、ちゃっちゃと終わらして次に移りたいと思ってしまう。

だから、子供と接することも、早くこれを終わらして、次にこれをやってと、やるべきことの一つのように感じて、それがスムーズに進まないと腹が立ってくる。

そうやって、やるべきことをやっても、次のやるべきことがやってくるだけで、仕事がなくなる訳ではない。そして、やるべきことすべて終えると、今度は一人の時間を楽しみたいと欲に走る。

結局、私たちは人と一緒にいながら、一人になりたいと思って生きている。一人になって欲に走りたいと思っている。だから、家族ができて、どんなにたくさんの人に囲まれても、その家族と一緒にいることが仕事の一つとしてしか思えず、早く終わって楽になりたいとしか思えず過ごしてしまう。

その結果、子供は自分の元から離れ、一人になる。一緒に住んでいる人がいても、いつも一人の時間。

一人になりたいと思って生きてきたから一人になる。でも、それって家族を作ってきた意味がないのではないかと思うのです。

人生とは、黙々と目の前のやるべきことを片付けてゆく為にある訳じゃない。たとえスムーズに終えることかできなくても、目の前のやるべきことを楽しんでやらなければ勿体ない。それでやるべきことができなくたっていいじゃないですか。

その時間は人生にとってかけがえのない時間。子供と過ごす時間もかけがえのない時間。その時間を楽しむ。一人になってゆっくりと楽しむのではなく、目の前のやるべきことを楽しんでやる。特に人と一緒にいる時間を楽しむ。

子供は大きくなったら自分の元から離れてしまう。だから、やがて一人の時間はたくさんできる。今しか一緒に過ごすことができる時間はない。

今しかないんだと思って、一緒にいる時間を楽しむ。そうしたら、相手も私と一緒にいたことが楽しかったなと思って、いつまでも一緒にいたいと思うようになる。

人生とは、目の前のやるべきことを如何に楽しんでやるかによって決まる。それが人生を幸せに変える方法。その為には、目の前のやるべきこと一つ一つやらされているのではなくて、自分の意志でやろうと思ってやってゆく。そして、どうせやるなら、楽しんでやろうと思ってやる。

このようにして、自分の人生を自分の意志で動いてゆく。どうせ一度しかない人生だから、やるべきことをたのしみに変えて生きてゆきたいですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2888-7b46789b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス