FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
慈悲とは
仏教で慈悲という心が教えられる。この心は相手の苦しみを取り除き、幸せにしてあげたいという心。温かい気持ちを常に相手に降り注いであげたいという心。

でも、頭では分かっているのに、この慈悲の心を起こすことは難しい。

では、どうしたら慈悲の心が起きるか?

それはまず自分の心を誰よりも自分自身が大切にしてあげること。自分の心が傷つかないように大切に扱ってあげること。

このようにすると、相手にも自分の気持ちを分かってもらいたいと思うようになる。

この時、相手の心を傷つけないようにして、自分の気持ちを伝えてゆく。自分の気持ちを正直に伝えて、相手が傷つくならば、自分の気持ちを伝えず、分かってくれるまで待つ。基本は自分の気持ちを伝えたいという所に立って、相手の気持ちを大事にしてゆく。自分の気持ちが大事だからこそ、相手にも大事に受け取ってもらいたいと思う。

多くの人は言いたいと思ったら、吐き出すように、自分の気持ちを言ってしまう。それは自分のことを大事だと思えないから。自分とは自分にとってかけがえのない存在。その自分を大事にしたいという思いでまず生きる。
そして、自分にやってきたものを物であれ、人であれ、大事にしてゆく。自分の気持ちを大事にするとは、欲に流れることとは違う。自分の気持ちを大事にしてゆく。自分を大事にしてゆくと、自分のことを大事な存在だと思えるようになる。

そうしたら、自分を大事にするように、自分のまわりの人も大事にしてゆく。もちろん、自分の願いを大事にしたいから。自分を大事にすると、どれだけ時間がかかっても、自分の望んでいる世界を作ってゆきたいと思うようになる。その為に思い通りにならないことを我慢するのではなく、待つようになる。常に温かいものをまわりの人に与えてゆきながら、相手が育ってゆくのを待つ。

このように自分の心もまわりの人の心も大事にしてゆくことで、慈悲の心が育ってゆくのです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/2906-74ca3a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス