FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
安楽声聞菩薩衆
安楽声聞菩薩衆 人天智慧ほがらかに 身相荘厳みなおなじ 他方に順じて名をつらぬ

阿弥陀仏の極楽浄土に往生した声聞も菩薩も、阿弥陀仏から光明が照らされて、いつも真実が知らされるから、智慧のある仏様と同じように苦しみも障りもなく、穏やかに過ごすことができる。

私たちは環境が悪いから、人生が苦しいのだと思っていますが、苦しみは心から生み出されるもの。どんなに環境が良かったとしても、それを見る心に苦しみがあれば、幸せな環境にいながら、不満や愚痴が次から次へと吹き上がってくる。そして、私はあの人よりも劣っているとか、あの人はあんなに上手くできていいなとか、他人と比べて、喜んだり、悲しんだりする。だから、阿弥陀仏はそんな他人と比べて苦しむ私たちに対して、比べることがないように、阿弥陀仏の極楽浄土に往生したら、すべて同じ姿にして見せようと誓われているのです。しかし、実際、すべて同じ姿になる訳ではなく、阿弥陀仏の光明に照らされることによって、どんなに他人に誇るような価値を手に入れても、それは自分ではないと知らせ、他人と比べる心から離れさせて下さるのです。

だから、阿弥陀仏に救われたならば、段々と他人と比べて、劣っていたら苦しみ、勝っていたら見下すような心がなくなり、どんな人とも同じ目線で付き合えるようにしてくれるのです。

だから、どちらが優れているか、どちらが劣っているかは問題にならないのです。それが問題になるのは、今まで得た価値をすべて失った何もない自分には価値がないと思っているのです。価値がないと思っているから、必死になって価値を手に入れる。でも、どんなに価値を手に入れても他人が認めてくれなけれぱ、自分は価値のある人間と思えないから、他人と比べて上か下かを問題にして苦しむのです。しかし、どんなに価値を手に入れて、それによって自分は価値のある人間なんだと思ったとしても、臨終になったら、すべて置いてゆかなければならない。結果、何もない自分は価値がないのだと思って、自分で自分を否定して苦しまなければなりません。阿弥陀仏の光明は生きている時から、すべての価値はやがて自分から離れてゆくのだということを知らせ、何もない自分が本当の自分なんだと知らせます。そして、そんな自分でも阿弥陀仏は見捨てずそばにいてくれるので、何もない自分でも価値のある存在なんだと自分を肯定的に見ることができるようになってゆくのです。だから、阿弥陀仏の極楽浄土に往生した人はどんな環境にいても、そこが極楽と感じ、他人と比べることなく、どんな相手でも敬う心で接してゆくのです。

その心の境地をここでは、姿形が同じになるから、比べることがなくなって、朗らかになるのでと言われ、私たちの世界に合わせて、一人一人に対して名前がつけられるのだとここで書かれているのです。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3000-96d156da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス