FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
本師曇鸞和尚は
曇鸞和尚 

本師曇鸞和尚は 菩提流支のおしへにて 仙経ながくやきすてて 浄土にふかく帰せしめき

私の先生である曇鸞大師は、どんな人であったかというと、最初は仏教の教えを求めていたが、そこで病気にかかり、曇鸞大師は、仏教を求めるためにも、体が元気でなければならない。健康で長生きするためにはどうしたらいいのかと考えられ、仙人の教えを学ぶようになった。そこでメキメキと頭角を表し、師匠から免許皆伝を言い渡され、たくさんの仙人の教えが書かれた仙経を渡された。

そこで意気揚々と仙人の教えを伝えようと町に出た所、そこにかつての仲間であった菩提流支に出会った。この菩提流支に仙人の教えを伝えようと話をした所、菩提流支にどんなに長生きをしても、人は必ず死んでゆかなければならない。死を乗り越えることが私たちの人生の目的であり、それが教えられているのが観無量寿経の教えなんだと説得され、今まで大切に持っていた仙人の経を焼き捨てて、浄土の教えに深く帰依するのだった。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3133-8fd92b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス