FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
往相の回向ととくことは
往相の回向ととくことは 弥陀の方便ときいたり 悲願の信行えしむれば 生死すなわち涅槃なり

往相回向というのは、阿弥陀仏の導きによって信心を頂いた時のことである。その信心には、現実から逃げずに向き合う力があるから、どんな苦しみも心穏やかに乗り越えてゆくことができる。

苦しみはどこから生み出されるか。それは現実と向き合うと都合が悪いので、向き合うことから逃げてしまうところから、生み出される。しかし、どんなに現実と向き合うことが大切だと聞いても、現実が苦しいと、そこから逃げてしまい。都合の良いように現実を歪めてしまう。人間とは、自分の都合の良いように現実を見るところがある。正しいのは、いつも自分。間違っているのは、いつも他人。そう思って突き進んでゆくと、現実がどんどん苦しくなる。だからこそ、どんなに都合の悪い現実であっても、そこと向き合い反省してゆかなければならない。それをしてくれるのが信心。だから、信心のあるものに絶望はない。どんなに大きな失敗をしても、そこから這い上がって進むしかないと知らされるからだ。そんな人に苦しみはない。苦しみがあっても、そこと向き合えるから、それはもう苦しみではなくなる。人生は不幸なことがあるから苦しむのではない。苦しみと向き合うことから逃げるから苦しくなるのである。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3144-06d47052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス