FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
不如実修行といえること
不如実修行と言えること 鸞師釈してのたまはく 一者信心あつからず 若存若亡するゆえに

阿弥陀仏は無碍光と言いながら、無碍光に照らされず、真実が知らされない人がいる。それはどんな人なのかと言えば、一つには、その人の信心が厚くない。厚くないとは、何かと言えば、薄いということ。薄いということは、その人は思い込みだけで、仏法を信じていて、本当には仏法が分かってない。だから、調子のいい時は、元気に道を求めてゆくが、何か都合の悪いことがあると、もう道を求めることは止めたと言って、投げ出してしまう。これを若存若亡という。

本当の信心というのは、都合の悪い時こそ、今こそ現実と向き合い、自分の心を見つめてゆかなければならないとなるのだが、自力の信心というのは、我の信心。自分ができる所に立っていたいという所から、自分が善人の時だけ信じている信心。だから、自分の我が崩れそうな現実とぶつかると、こんな惨めな自分は見たくないと思って、現実と向き合うことなく、都合のいいように現実をねじ曲げてしまう。そう言えば、このような人は今まで現実と向き合うことなく、現実が少しでも見えると、こんな自分は見たくないと思って、現実から逃げ出していた。信心とは、自分が調子のいい時だけあるものではなくて、自分の調子の悪いときこそ、現実と向き合わなくてはならないと、逃げずに立ち向かうもの。しかし、自力の信心にはそういうものはない。いつも嫌な現実から逃げ続けているものが自力の信心の特徴なのである。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3157-4db97d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス