FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
煩悩具足と信知して
煩悩具足と信知して 本願力に乗ずれば すなわち穢身すてはてて 法性常楽証せしむ

浄土に往生する為には、現実と向き合い、二河白道を進んでゆかなければならない。私たちは他人から自分にとって都合の悪いことを言われた時に、相手から人格を否定されたように感じる。しかし、自分がこのように感じるのは、唯識であり、自分が他人のことを否定しているから、人から都合の悪いことを言われただけで、自分が否定されたように感じる。現実と向き合うとは、他人から否定されたように感じた時に、否定してきた相手を責めたり、取るに足らない人だと見下すのではなく、正面になって否定された現実を受け止めること。そして、私が否定されたように感じるのは、自分が他人のことを否定しているからなんだと受け止めること。このように現実を受け止めようとしても、それでも否定してきた相手を責める心が起きてくる。それは煩悩具足だから。だから、自分は情けないなと思って、自分はできる所に立って他人を見下していたけど、こんな自分だと思うと見下せる相手なんていないなあと受け止める。これは本願力でなければ分からないこと。そうやって煩悩によって他人を責める心が起きても、他人が悪いのだと思うことなく、自分の心を反省してゆく。そうやって現実と向き合うから、二河白道を進むことができて、浄土に往生することができて、煩悩を離れ、法性常楽の悟りを開くことができるのです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3181-838ec78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス