FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
信心とは
浄土真宗で信心と言えば、阿弥陀仏の救いを信じることだと思っている人が多いが、本来、信心とは、現実と向き合う心。例えば、他人から非難された時に、その相手の言葉を通して、自分にとって見たくない自分が見える。その時、こんな自分も自分なんだと認めたくないから、相手を否定し、都合の悪い自分から逃げてしまう。

そうやって、現実から逃げれば、自分はいい人間だという所に立てる。自分のイメージしている自分を崩さずにいることができる。だから、このいい人という自分でいたいから、都合の悪い自分を見ようとしない。でも、そうやって、どんなにいい人という自分にすがっていたとしても、そのイメージは臨終で崩される。そして、都合の悪い自分が吹き上がり、見せつけられる。

その時、冷静に受け止められるだろうか?

日頃から現実が見せられた時に逃げているものが、いざ臨終になって、現実を見せられた時に逃げずに受け止められる筈がない。そこで見えた都合の悪い自分を否定し、どこどこまでも逃げようとする。しかし、どんなに逃げても、現実からは逃げられず、いつも見せつけられる。そうなると、自分で自分を否定し、激しく苦しむことになる。

だからこそ、生きている今、現実から逃げずに向き合わなくてはならない。しかし、どんなに向き合おうと思っても、いざ、現実が見せつけられると、受け止めることができず、逃げてしまう。だからこそ、現実と向き合う力、信心が必要なのである。

この信心を阿弥陀仏から頂き、現実と向き合い、都合の悪いことも受け止めてゆくからこそ、私たちは苦しみ迷いの娑婆世界から離れ、心穏やかな世界である浄土へと往くことができる。

娑婆から浄土へと進む為に必要なものが信心であり、信心があるからこそ、現実から逃げずに向き合い続けることができるのです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3196-7162fcce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス