FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
子供との絆
子供と親との間で絆ができてゆく始まりは、子供が親に対して、これして、あれしてとお願いをすること。それは親からしてみれば、造作もないことが多い。でも、親はどうしても、そんなことぐらい一人でできるでしょと断ってしまう。

そうすると、子供は段々と親にお願いをしなくなり、自分で何でもするようになる。親はそれを見て子供は自立したのだと思って安心するのだが、真実から言えば、子供が親のことを必要としなくなったから、頼らなくなっただけ。それは親と子供との絆が切れてしまったと言える。こうなってしまうと親と子との間には血のつながりはあるが、他人と同じ、二人の間に積み上がっているものは何にもない、子供は親からやがて離れ、子供の人生の中に親と一緒に過ごすことはなくなる。

親にとって子供が出来たならば、子供との絆は大切なもの。それは子供が何気ないお願いを断らずに気持ち良くやってあげることから始まる。そして、子供が大人になるまで、子供の信頼を失わないように子供と付き合ってゆくことで育まれてゆく。

子供はお願いを気持ち良く聞いてあげることで、親に対して心を開き、自分の気持ちを話してくる。それを喜んで聞いてあげる。そうやって、段々と子供との絆が深まってゆく。

子供がいるのに、子供との絆がなければ、それは家族であって家族ではない。子供から信頼を失わないように親として生きてゆきたいですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3260-82bc7b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス