FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
子供の期待には応えなければならない
子供だからこそ、親に対しては期待してしまう。期待するとは、自分の気持ちを分かってもらえるという期待。期待するからこそ、分かってもらえない時には、怒りを起こし親を責める。

親は責められると、こんなにキツく責めなくてもいいじゃないかと思ってしまうが、キツく言われるのは、子供がまだ親だと思っている証拠。

この時に反省して子供の気持ちを受け止められるように努力しなければ、子供はやがて親に対して期待しなくなる。それは子供が責めてこなくなるので、親から見たら楽になったと思うが、実際は楽になって良かったという問題ではなく、子供に見捨てられたということ。

見捨てられるとは、親と子との絆が切れること。一度切れてしまうと、どんなに小さい時に、色々子供のためにお世話してきたことも、まるで無かったかのように、子供の心の中に親の存在が無くなる。子供にとって親は他人になる。こんなに苦労して育ててきたのに、切れてしまうと他人と同じ。

自分が今までやってきた苦労が無駄にならない為にも、子供の期待にはたとえ応えられなくても、期待に応えるように努力を続けてゆかなければならないのですね。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3300-ba94b826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス