FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
善をすること以上に大事なこと
仏教では、善をすることよりも善悪の基準を変えないことが大事だと教えられる。

それは私たちは悪をすると罪悪感で自分を責めるから、自分を悪にしないように悪を正当化して正しい所に立ってしまう。

このように自分の都合で善悪をコロコロ変えているものが私たちだから、いつも自分は正しいことをしているとしか思えない。

そして、自分が間違っていると思えないから、相手の悪を責める時は容赦なく責めてしまう。責めるから、自分が悪をしたときには、誰かを悪者にして相手を責めて正しい所に立つ。

でも、都合によって善悪の基準が変わると、悪でも善だと思って思いっきりやってしまい、その報いで苦しまなければならない。

たとえ善ができなくても、善悪の基準が変わらなければ、悪をした時、悪を悪だと認められるし、自分には悪はないのだと思って、悪をした相手を思いっきり責めることもなくなる。

善をすることも大事だが、それ以上に悪をしている自分を否定せず、そのまま受け止めることの方が大切なのです。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://heiseibukkyou.blog99.fc2.com/tb.php/3361-9d751a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス