FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
復讐では、自分も相手も幸せにはなれない
私たちは他人から酷い仕打ちを受けた時は、自分がされたことを相手にせずにはおれない。
その時の気持ちは自分はあなたからこんなことをされて苦しかったのだから、あなたも受けてみれば、自分がしたことがどれだけ酷いことか分かるでしょう、と気持ち。
まるで自分が仕返しすることは良いことのように思っている。

でも、仏教から言ったならば、相手からどんなに酷いことをされたとしても、それを相手に返すことは悪。
悪というのは、自分が苦しむ行為。だから、やってはならないと教えられる。

それは自分が相手からされた行為は、この行為によって自分が苦しんできた行為。
だから、それを相手にしたならば、それは相手を苦しませるような悪になる。
この悪を相手にすることは、自分と同じような犠牲者を増やすようなもの。この悪を受けてきたことで自分がどれだけ苦しんできたかを思えば、たとえその相手が自分を苦しめてきた相手であっても、その相手に自分の味わった苦しみを味あわせることはどんなに酷い行為であるか分かる筈。
だから、他人を傷つけるような行為はたとえ相手がどんな相手であってもやめなければと思わなければならない。
それは自分も苦しみを味あわせた相手と同じように他人を傷つけるような悪い人間になってしまうからだけでなく、その報いで自分も苦しむことになるから。

復讐は自分も相手も苦しむ行為。それによって誰も幸せになれないから、やめなければならないのである。


相手も許せたら自分も許せる

自分の存在を否定してくる人がいるからこそ、自分が知らされる。

普段、私たちは自分のことを善人だと自惚れているが、一度、自分のことを否定してくる人と出会ったならば、そんな優しい心はどこへやら。
自分の中から醜い感情が吹き上がってくる。

その時、多くの人は自分はそんな酷いことを思う人間ではないのに、あの人がこんなことをするから、こんな醜い感情が吹き上がってきたのだと思って、相手を責める。

でも、自分にもともとそんな醜い感情が存在していなかったならば、縁が来ても吹き上がることはない。
そんな感情が吹き上がるというのは、自分にもそんな感情があったからであり、それが縁に触れて見えただけ。
そう思ったら、自分ってこんな人間なんだなと思って受け止めるしかない。

人間とはとかく善人という所に立って他人を見下していたいもの。
でも、醜い感情を受け入れてしまったら、それができない。
それでも、受け入れたならば、この世に許せない人はいなくなる。

他人が許せないというのは、自分の醜い感情を許せないということ。
他人を許せたら自分も許せる。
自分の醜い感情が見えて苦しむこともなくなるのですね。

相手を許せない人

よくあの人のことが許せないという人がいる。

この許せないとはどういう感情なのか?

許せないとは、相手の悪い所を見て、こういう所が許せないと相手を責める心。
でも、なぜ相手を責めてしまうのかと言えば、そうやって責めることによって、正しい所に自分を置きたいから。
他人を責める人とは、それ以上に自分を責める人でもある。
そして、他人が許せないというのは、それ以上に自分の中に許せない部分があるということ。
その許せない部分が相手を通して見せつけられるので、相手を否定することで、自分の許せない部分を見ないようにしているだけ。

でも、どんなに許せないと言って、相手を否定した所で、自分の許せない部分が変わる訳ではない。
最終的には、自分はこれでいいんだと思って自分を許してゆくしかない。

自分を許せば、相手も許せる。

相手を許す為にも、自分の嫌な所を見ても、許せるようにしてゆくしかないですね。


悪を責める人ほど、自分の悪は認められない
私たちは、相手が一旦、悪いと認めたならば、その相手に対して容赦なく責める。

そうやって責めることで、溜まった負の感情を吐き出している。だから、責められた相手は責められることによって苦しむだけでなく、負の感情を受け取ることによって苦しむ。
この苦しみとは、悪いのは自分ではないかと思って自分を責める罪悪感。
だから、この苦しみは怒りの感情をぶつけられた後も続く。

私たちは負の感情が溜まると悪い奴を見つけて、その人を責めることで、負の感情を吐き出そうとする。

ところが、責められた人はお前が悪いと言って責められているので、負の感情を受け取って誰かを責めて吐き出したくなっても、悪いのは自分だと思って、自分を責めてしまう。
だから、責められた人は責められたことでも苦しみ、また、責められた後も自分で自分を責めて苦しむ。

しかも、一度責めると、責めた人は、責められた相手がどんなに苦しんでいても関係なく、負の感情が溜まると悪い所を見つけては責めてくる。
だから、責められることで自分が悪いと認めたならば、そのことによって、何度も何度も責められて苦しみ、そして、悪いのは自分だと思うので自分を責めて苦しむ。
だから、この苦しみを味わった人ほど、楽になりたい一心で責める側になろうとする。責める側とは相手は悪く、自分は正しいという立場に立つこと。それは、客観的に見たら悪いことをしていても、自分は正しいという所に立っている人。だから、悪い相手は、容赦なく責めるし、相手が謝っても、相手を許すことができずに、自分の気が済むまで、一方的に責めてしまう。

そうやって、責めれば責めるほど、自分の悪は認められなくなるし、正しい所に立って、悪い相手を見つけては徹底的に責めてしまう。

悪を責めるから悪は無くなる訳ではない。それどころか、悪を責めれば責めるほど、自分の悪は認められなくなって、悪をしていても悪を反省できなくなって余計悪をするようになってしまうのですね。


不幸になって欲しい
人間って不思議なもので嫌な相手には不幸になってもらいたいと思ってしまう。
そこで不幸になって苦しめば、私の存在の大きさが分かって、私のことを大事にしてくれるのではないかと思っている。
これこそ幻想、人は苦しんだからと言って、今までの自分の生き方を反省するものではない。それどころか、苦しい時ほど、他人を恨み、自分の苦しみを他人のせいにして責めるもの。
だから、どんなに自業自得で苦しんだとしても、私の存在の大きさに気づいて、自分を大事にしてくれる訳ではない。

それなのに何故だろう。私たちは苦しい思いをすることで、自分が悪かったと認めるくれると思っている。これも深い迷いですね。




プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス