FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
自分がうらやましいと思うことを相手にしてあげる
よく自分はこんなに頑張っているのに、相手は遊んでいたら、「なんで自分ばかりこんなに頑張らなければならないの」と腹を立てる人がいる。
仏教的には、腹が立つのは相手のことをうらやましいと思っているから。でも、うらやましいと思いながら、理性でそんなことはしてはならないと否定しているので腹が立つ。
このような人は相手のことをうらやましいと思いながら、理性ではその人のことを否定しているから、自分が逆の立場に立ったときに、誰かが頑張っている時に、自分だけ楽しむことはできないし、まるで自分が責められているように感じて苦しくなる。
だから、このような人は自分だけ頑張っている時は心で遊んでいる人を責めるし、まわりの人が頑張っている時は自分だけ遊ぶことはできないと頑張ってしまう。
しかし、どんなに頑張っていても、それは責められたくないから頑張っているだけなので、自分が頑張ることによって、自分も幸せになれないし、誰も幸せにはなれない。
仏教的に言ったならば、遊んでいる相手のことをうらやましいと思うからこそ、そして、自分も心ではそんないい思いをしたいと思っているからこそ、相手に気持ち良くいい思いをさせてあげる。自分が本当はしたいと思っていること。それを自分が味わうのではなく、相手に与えてあげる。これを仏教では布施と言う。そして、相手が幸せな気持ちで過ごしていることを心から喜んであげる。そうしたならば、相手も好きなことができて満足するが、自分もいい思いをしたいという気持ちが満足できる。
これを自利利他という。
自分がうらやましいと思うことを理性で否定するのではなく、こんな思いができたらいいなと認めてあげることができたら、心もぐっと軽くなるのではと思いました。

感情を受け止めて欲しいから悪い奴を責める
私たちが誰かのことを悪く見るのは、その相手が悪い人間だからではなくて、自分の感情をその相手にぶつけたいから。
私は世の中間違っていると思うことだか、自分の感情を受け止めてもらいたいなら、受け止めてくれる人に吐き出したらいいのに、悪い奴を見つけては、その人に吐き出そうとする。世の中、悪い人を見つけては、その相手を正す名目で、感情を吐き出す。でも、悪い奴ほど、心がいっぱいで相手の感情を受け止める余裕がないから、感情を吐き出しても受け止めてくれない。
だから、吐き出した人は相手を責めても相手は受け止めてくれないから、ますます腹が立って、相手を責めてしまう。
責めると責められた相手は自分が悪かったと反省するのではなく、反発して開き直る。
結局の所、自分が悪かったとなって、自分を責めたくはないし、相手の穢れを受け止めたくないから。
私たちは学習しなければならない。悪い奴に感情をぶつけるのではなく、自分の気持ちを受け止めてくれる人に感情を吐き出さなくてはならない。
それが分からないから、私たちはいつも感情を吐き出す相手を探して、いつも悪者を探すようになる。悪者よりも自分の気持ちを受け止めてくれる人を探さなければならないのに。悲しいことです。
幸せだからこそ悲しくなる
感情が出てくると多くの人は悲しみが吹き上がる。それは小さい時に悲しくて泣きたくても、泣くと怒られるから我慢してきたから。でも、そんな悲しいという感情は自分の気持ちを受け止められるような環境に来ると吹き上がってくる。
別に何かあった訳じゃないのに、悲しくて悲しくて感情が込み上がってくる。
そういう時はまず自分が自分の感情を分かってあげることが必要。
ああ、自分は悲しいんだな。分かったよ。分かったよ。その気持ち受け止めてあげるからね。いっぱい泣いたらいいんだよと悲しい気持ちを受け止めてあげる。
別に誰かが悪いから悲しくなる訳ではない。誰も悪くなくても悲しくなるのです。それを受け止める。悲しい時は自分をよしよししながらいっぱい泣いたらいい。いっぱい泣いたら心もすっきりする。幸せだからこそ悲しくなるのですね。
正直な気持ちが分からなくなる
よく生きてゆくことが苦しいという人がいる。この苦しみはたとえ大金持ちになっても、欲しいものが何でも手に入っても消えることはない。
それは多くの場合、自分の心の奥底に吐き出せない気持ちがあり、それが潰されている形で自分の心に溜まっているから。
よく親は子供に対して何でも言うことを聞いてくれるいい子になって欲しいと願う。
子供はその願いに応えていい子になると、子供は無意識のうちに親が望む以外の感情を封じ込め、出さないようになる。
やがて、心の中で嫌なことがあっても、心の中で溜めていくようになる。そして、自分でもこの感情をどう吐き出したらいいか分からなくなる。
そして、心の中で本当の気持ちを溜めながら、誰にも分かってもらえず、孤独に苦しむようになる。
自分の正直な気持ちが分からなくなった人ほど、人生が苦しい人はない。
そして、その苦しみをお金や財産や地位や名誉を手に入れたら、解消できると思って追いかける。でも、どんなに物質的に豊かになっても、自分の心が言えなければ、心は楽にはならない。私たちは心が縛られている。それを上手く出せたらきっと心は楽になるのだろうと思います。
子供には正直な気持ちが言えるように育ててあげたいですね。
仏教を明らかにすることが私の役割
私の時間は何のためにあるのか?
それはギリギリまで人間はどうしたら幸せになれるか。それを自分の体を通して体感し、他人に伝えてゆくことだと思います。
そういう意味では、このブログを書くことも、読んだ人を幸せにする為の行いであるから。少しでも時間があったら、書いていかなければならないのに、欲に流れて他人が幸せになる為に時間を使わない自分がいる。人はみんな幸せになりたいと思っている。だから、幸せになる為の教えである仏教はすべての人が知りたい教えなのに、その肝心のどうしたら幸せになれるかということについて明らかにどの仏教の本を読んでも明らかにされていない。
だから、仏教を聞かない。
これは悲しいこと。だから、仏教の教えを通してどうしたら人が幸せになれるかを明らかにすること。
それが私の役割。よーし、頑張るぞ


プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス