FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
たとひ大千世界に
たとひ大千世界に みてらん火をも過ぎゆきて 仏の御名を聞く人は 永く不退にかなうなり

阿弥陀仏に救われたならば、たとえ世界が火で包まれたとしても、その中を過ぎゆきて進んでゆきなさい。

多くの浄土真宗の門徒は、阿弥陀仏に救われたならば、その後何をしても極楽に往生できるのだと思っていますが、たとえ阿弥陀仏に救われたとしても、それだけでは往生することはできません。なぜなら、往生する為には、二河白道を進まなければならないからです。この二河白道を進むには、許せないものを許し、たとえ自分が悪くなくても相手との関係を繋ぐ為に自ら頭を下げてゆかなければならないのです。ところが、現実に頭を下げろと言われても、自分は悪くないんだという思いが邪魔をして謝ることができない。二河白道を進もうとしても、一歩も進むことができないものが私たちなのです。

これでは仏様のような心になりたいと思ってもなれない。往生できないと思っている人に阿弥陀仏の呼び声が聞こえるのです。そうなったならば、たとえ相手が責めてきたとしても、その責めてきた人と向き合い、相手のことを大事にしてゆくことができる。それはまるで火の中に飛び込むような勇気が必要ですが、相手との関係を大事に思うから、謝ってゆくことが大事なのです。

そうやって、相手から馬鹿にされても、責められても、怒りをぶつけられても、たとえ暴力をふるわれても、それを受け止め、相手との関係を大事にしてゆく。その時に、何もしなくても乗り越えてゆくことはできません。それは阿弥陀仏に救われた人でも、馬鹿にされたり、責められたり、怒りをぶつけられたりしたら、苦しいからです。そして、何で私はこんな目に遭わなくてはならないのか、頑張ることをやめようかという思いになります。そんな時、説法すると、説法を通して阿弥陀仏の御心が知らされるから、今まで心の中に溢れていた苦しみが取り除かれ、よし、謝るぞと頭を下げてゆくことができるのです。そうやって、許せないものを許し、欲と怒りの中の二河白道を進んでゆくと、今まで非難されると逆巻いていた怒りが嘘のように起きなくなる時が来るのです。それが不退の身。そこから先は思うが如く、馬鹿にされても、否定されても、責められても、あまり気にならず、頭を下げてゆくことができるようになり、無碍の大道を進んでゆくことができるのです。
この世で最も価値のあることは
人生で最も価値のあることは、人を育てること。親鳥が雛鳥を守り育てていくように、相手が幸せになるように、時間がある限り、相手に付き合い、心を支え、幸せな心にしていくこと。

それはどんなにお金があってもできないこと。そして、時間がどれだけあってもできないことだと思います。

それはどれだけお金があっても、どれだけ時間があっても、私たちは余裕ができると、その分だけ欲に流れてしまう。

欲に流れると、どれだけ時間的にも、経済的にも余裕があっても、その余裕を自分の為にしか使わなくなる。

そして、欲に使い始めると、どれだけ余裕があっても、瞬く間に無くなってしまい、もっと時間が欲しい、お金が欲しいと思ってしまいます。

だから、せっかく余裕ができても、その余裕を他人の為に使うことが勿体ないように感じられて、もっと意味のあることに使いたいと思ってしまうのです。

人間とは不思議なもので、人と一緒にいる時ほど、やるべきことをやらないと思ってしまい、時間を有効に使わなければと思う癖に、一人になるとだらだらと時間を過ごしてしまい、どれだけ時間があっても無駄に過ごしてしまいます。

だから、人と一緒にいる時に、その時間を相手の為に使ってあげること。しかも、相手に幸せな環境を与えてあげる為に付き合ってあげることは、何か時間を無駄に過ごしているように感じてしまう。

でも、その無駄のように思える時間を相手の為に使うことで、相手はその時間、安らぎを感じるのです。

この安らぎを与え続けてゆくこと。それは自分が少しでも時間ができると、それを相手に捧げることであり、その分、欲に流れることができない。

たから、欲から離れなければ、できないことであり、相手の幸せを念じなければ、続きません。

でも、人生で最も価値のあることは、人を育てること以外にはないからこそ、やってゆくのです。

それは途方もなく時間のかかることですが、かけたものが形となって現れると、今まで頑張ってきて良かったなと思います。

幸せは積み上げてゆくもの。それは何気ない時間を相手に与え続けてゆくことから生まれます。なかなか時間を相手の為に使うことは難しいことですが、相手のことを念じて続けてゆけたらいいなと思いました。
阿弥陀仏の御名をきき
阿弥陀仏の御名をきき 歓喜讃仰せしむれば 功徳の宝を具足して 一念大利無上なり

阿弥陀仏に救われるとは、阿弥陀仏の呼び声を聞くこと。それはどんな声かと言えば、声なき声。ただ光に照らされたとしか言えないもの。そうしたならば、今まで認めることができなかった自分の悪を認めることができる。自分はこんな醜い心を抱えているものだと照らされる。そして、自分は見捨てられるのではないかという不安が消える。

今までこんな自分だから、後生は暗い世界に行くのではないかと思っていた自分が、こんな自分だから、業の報いを受けてもしょうがないと受け入れ、明るく生きてゆくことができる。たとえ相手からそんな悪をしていたら、地獄へ堕ちるよと言われても、それが業の報いならば仕方ないと受け入れることができる。それだけ心を暗くしていた不安が消え、心が明るくなったのである。

このような体験は一念で起きる。一念とはあっという間。暗い人生が明るい人生へと変わる。今までは何て暗い人生だったんだと知らされ、明るく何の不安もない人生を生きることができる。なぜ明るいのか?それはどんな運命がやってきたとしても、すべて自分の種まきの結果だと知らされるから。私たちは種まきをしていないのに、思い通りの運命がやってきて当然と思っている。こんなに頑張っているのに、どうしてこんな目に遭わなくてはならないんだと思う。でも、阿弥陀仏の光明を受けると、自分の姿が知らされる。こんな自分だから、どんな目に遭っても仕方がないと思える。そうしたならば、人生が明るくなる。自分にやってくるものは、自分の種まきしかないんだと心底思える。じゃあ、頑張るしかないと明るく生きられるようになるのです。これが一念大利無上なりなのです。
子供と付き合うことを楽しみにしたい
人生の中で子供が親を必要としてくれる時間は限られている。その時が今なのだが、子供がせっかく親を必要としてくれるのに、私は子供に付き合いながら、心の中で一緒の時間を過ごすことを喜ばず、自分の時間が欲しいなと思ってしまう。

だから、少し付き合うと、すぐに子供と付き合うのを止めて自分のことを始めてしまう。

せっかく時間があるのに、子供と付き合うのは勿体ないと思ってしまうのです。

だからと言って、自分の時間が出来たからと言って、時間を有効に使える訳ではない。ただ欲に流れるだけで、時間を過ごしてしまう。

こういうことは、家族と離れて一人の時間にならないと反省しない。子供と付き合う時間は、自分にとっては、付き合っているだけだが、子供にとっては、昔を振り返って、あの時、幸せだったなと思い出す時間。つまり、子供にとってはとても価値のある時間。

子供のことを考えたら、今、子供と付き合って一緒に時間を過ごすことは、とても大切なことだと思うが、頭で分かっていても、今という時間がどれだけ大事かと分かっていない自分がいる。

頭で分かっていても実践は難しい。難しいけど、子供にとって今という時間がどれだけ大事なのかと思って、楽しく付き合ってゆけたらいいなと思いました。
已今当の往生は
已今当の往生は この土の衆生のみならず 十方仏土よりきたる 無量無数不可計なり

阿弥陀仏の救いは三世十方を貫く真理であるから、阿弥陀仏に救われ往生する人はこの世界の人たちだけでなく、大宇宙にいる人たちもまた阿弥陀仏の本願を聞き、往生しているのだ。

たから、この世界では阿弥陀仏に救われている人は少ないように見えるけど、大宇宙から見たら、数えられない人たちが救われているのですよ、ということです。


プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス