FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
敵味方で物事を判断する
世の中には敵味方で物事を判断する人がいる。例えば、誰かを敵だと思う。そうすると、自分が敵だと思う人と仲良くしている人がいたら、あなたの付き合っている人が如何に価値のない人間であるかを教えて、その人の間柄を割こうとする。つまり、相手にこんな奴と付き合うのはやめて、自分と付き合って欲しいと思う。

でも、相手がこんな奴の味方になって離れようとはせず、自分と同じように敵として見てくれないと、その相手に対しても自分の味方になってくれないのならと、その相手を見捨てて一人になろうとする。

‘’なんで自分が敵だと思う人と仲良くしてはならないのだろうか?‘’

それは自分が敵だと思っている人のことを一緒になって敵だと思ってくれないと、まるで自分の考えが否定されているような、また、自分の存在を否定されているように感じてしまうからだ。
その人は心の中では、自分はこの世に存在してはならない人間ではないかと思っている。でも、それをまともに受け入れてしまうと生きることそれ自体が苦しくて死にたくなる。
だから、自分よりも悪い奴を探して、あいつの方が私よりもずっと悪い人間だから、あいつの方こそ否定されるべき人間ではないかとその人を否定し心の中で八つ裂きにしてしまうのです。

そうやって正しい所に自分を置き、自分は正しいから生きていてもいいんだと思おうとする。ところが、自分よりも悪い奴がみんなからひどい目に遭って苦しんでいるなら納得できるのに、自分よりも悪いくせにのうのうと生きている。それどころか、まわりから認められているとなると、もう許せない。なんでこいつが苦しんでいないのだと、その人を心の中で激しく責め、この人こそ苦しむべきだと思って、まわりからその人が孤立するようにその人の味方になっている人も責める。そうやって、自分は正しいのだと思い込もうとする。

でも、まわりの人は自分が否定したからと言って、その人のことを悪い奴だと見てくれる訳ではない。
そうなると、自分がこの人のことを悪く見るのが悪いみたいではないかと感じて、自分は正しい、自分は間違っていないと我を押し通す為に、自分の味方になってその人のことを悪く見てくれる人以外、人間関係を断ち切って一人になろうとするのである。

この人は自分で自分の存在が許せないのである。自分の思い描いているような自分になっていない現在の自分をこれも自業自得だと認めたくはないのです。
だから、こうなったのは、みんなあいつが悪いと他人のせいにすることで、自分の考えは正しかったという所に立とうとしているのです。

でも、どんなに俺は正しい、あいつのせいだと他人を恨んだ所で、現実の自分が何か変わる訳ではない。
誰よりも自分のことを自分が見捨てている為に現実を変えようと努力することなく、理想の自分とかけ離れた現実を生きなければならず苦しみ続けることになるのです。

結局、この人は他人を見下す為に理想の自分を置き、他人の上に立つことで安心しようとしているのです。
だから、頑張っている筈なのに、理想の自分と違うと見下されているように感じて、現実の自分を見たくないのです。
それをすべて自分が悪い訳ではない他人のせいだとすることで、かろうじて自尊心を保っているのです。

では、このような人はどうしたらこの苦しみから抜け出すことができるのか?

それはこの人のそばに寄り添って、どんなにこの人が間違った考えを持っていたとしても、否定することなく味方になってくれる人が必要です。
普通はそんな人はいませんが、もしそんな人がいたならば、この人がいつもその人のことを味方になってくれることによって、その人は自分は生きていてもいいんだと思えるようになって、現実の自分を受け入れることができるようになるのです。

結局、苦しんでいる人ほど一人になろうとするし、また、一人では助からない。悲しい真実です。

雨降って地固まる
《雨降って地固まる》

雨降って地固まるということわざがある。これは問題が起きた時、問題が起きる前よりも後の方が返っていい関係になるということを教えられたもの。

これを通して思うことだが、実際はこのことわざのように問題が起きたからと言って、起きる前よりも関係が良くなる訳ではない。それは家の中で問題が起きた時、誰かのせいにして、その人が悪いから、問題が起きたのだと思っているから。

でも、問題というのは誰かが悪いから起きる訳ではない。多くの場合、お互いの気持ちのすれ違い、またお互いが相手のことを誤解することによって問題が起きている。

だから、問題を解決するには、お互いの気持ちを伝えて、意志疎通をして誤解を解くこと。
それしかない。

ところが、私たちは問題が起きた時に相手が悪いと思い込んで、その悪い奴に罰を与えて苦しませることによって、相手は自分が悪かったと認め、反省すると思っている。
だからこそ、人は、問題が起きると自分のことは棚に上げ、徹底的に相手を責める。

しかし、相手を責めて苦しませたからと言って、相手は悪かったと認め、反省するものではない。
それどころか、なんで自分がこんな目に遭わなければならないのだと思って、余計、相手に対して恨みを起こし、もう二度と許さないと思うだけ。
これでは、雨降って地固まるどころか、雨降って土砂降りになるとなってしまう。

私たちは問題は相手が悪いから起きるのだと思っているが、相手だけが悪いから問題が起きるのではない。
真実から言ったならば、自分も悪いし、相手も悪い、両方悪い時しか問題は起きない。
でも、私たちは自分が悪いと認めることができないから、問題が起きると相手が悪いと言って相手を責めてしまう。
そして、相手が悪いのだから、その相手は罰を受けて苦しめばいいと思ってしまう。

こんな時、大事なことは、悪いのは相手だけじゃなくて、自分もだと思うこと。
それは難しいことだが、それでも相手を一方的に責めるのではなく、相手の方に目を向け、相手はどんな気持ちなのか聞いてゆく。
そうすることで、お互いの誤解も解け、また仲良くなることができる。
大事なことは問題を通して如何に自分が悪かったと認められるか。
自分が悪いと思うからこそ、相手は今どう思っているかに耳を傾けることができる。
そうやって、問題を通して相手を深く知ることができてこそ、雨降って地固まるとなるのですね。
末那識を浄化する

仏教では、すべての悪を生み出す根源の心が末那識と言われる。末那識とは、阿頼耶識の生み出した世界に執着して、これは我、これは他と我と他に分ける心。そして、これによって作り出された我に執着して、少しでも我がほかの他と比べて価値のあるものにしたいと思う心。
これが末那識の穢れ。

ここから、他に対して冷たくする心や他が苦しんでいても何とも思わない心が生み出される。
これが悪。
我に執着する余り、他に無関心になって、他が傷ついていても何とも思わない心が悪。この悪が唯識によって自分に跳ね返り、苦しみの世界を生み出してゆく。だから、仏教では、我だけ得すればいいという心から離れるように教えられる。
これが善。

世界を我と他に分ける働きは末那識の働きだが、我に執着して、我だけ得をしたらいいと思うのは、意識によって起きる。だから、意識が末那識を穢れさせる。だから、意識を変えて、我だけ得したらいいと思う我利我利から離れてゆく。つまり、善心を起こしてゆくことで、末那識の穢れを取り除き、悪を無くしてゆくこともできるのです。

慳とはケチな心です。
ケチとはどんな心を言うのでしょうか。それは自分の為ならお金や物や時間を使っても何とも思わないが、他人の為には勿体なくて何も出したくないという心。自分の欲の為に大金を使うことは髭をなでるよりも易く、他人の為に僅かなお金を使うことは生爪を剥がすように辛いものです。もちろん、他人の為に出すのは嫌だと言っても、それは我のついている人に対しては別です。ケチな人でも、この人は思い通りになると思ったら、喜んで大金を差し出します。

でも、それは相手が自分の思い通りになっている間だけ、ひとたび相手が自分の思い通りにならないとなったならば、どんなに今まで仲良くしていても、手のひらを返したように冷たくなり、相手のことを見捨てる。それがケチな人です。

このケチな人は、どんなに仲良くしていても、嫌になったら簡単に相手のことを見捨てるので、相手も自分のことを嫌になったら見捨てると思っています。だから、相手に施しをしても、どうせ自分の元から離れてゆくと思っているから、相手のことを心から信じることはしません。また、人の心が分からないから、人はお金によってどうにでも動くのだと思っています。

例えば、中小企業の社長ならば、俺はお金を出しているから、社員は自分の思い通りに動いてくれると思っている。そこで気に食わないことがあったら、簡単に社員をクビにするし、離れたら、また、募集をかけたら、新たな人が来ると思っている。このような社長にとって、社員は自分の思い通りに動いてくれる道具であり、駒。その社員に喜んでもらおうなんて、全く思いません。これがケチな心です。
でも、このケチな人は、人を人だと思わないから、どんなに人に囲まれても、また、その人たちから認められてとしても、心の中にあるどうしようもない寂しさは消えることはありません。寂しいからこそ、認めてもらいたい。だから、ケチな人ほど、自分が認めてもらえるならば、簡単に大金を出す。そうやって、自分の存在を誇示して、認めてもらうと、その時は満足したように思うが、それも根本的な解決ではない。また、しばらくすると、寂しくなる。だから、認めてもらう為にどれだけでもお金を出す。その為、ケチな人ほど、お金をたくさん使うので、お金がなくなる。だから、ますますケチになって他人の為には全くお金を出さなくなってゆくのです。

このようにケチな人は、人を人だと見ないから、どんなに人に囲まれても、心は常に孤独。寂しさの中で、生きなければなりません。寂しいからこそ、欲に流れて、寂しさという現実を誤魔化そうとする。それでも、寂しさは解消されることはなく、苦しみ続けなければなりません。

では、このケチな人がこの孤独という寂しい世界から離れる為にはどうしたらいいか?

それはまわりの人を道具や駒として見るのではなく、人として見ることです。人として見たならば、相手には感情がある。だから、その感情を否定したら、みんな自分の元から離れて誰もいなくなるということを知らなければなりません。そして、人には感情があるから、温かく接してあげれば、喜ぶし、冷たくしたら傷つく。人は、物とは違うのです。そういうことに気がついて自分も他人も喜んでもらえるように心がける。そうすることで、孤独な世界から抜け出すことができます。

嫉とは、嫉みの心。金や地位、名誉や権力を持っている人、また、まわりの人から慕われて愛されている人を見ては、その人を妬み。その幸せを失って苦しめばいいと思う心です。
この嫉みの心は、他人の幸せを喜ぶことができず、他人が楽しそうにしていたら怒りを起こし、その幸せをぶち壊したいと思います。

では、なぜ他人の幸せを喜ぶことができないのでしょうか?

それはその人の心が苦しんでいるからです。この苦しみとは、どんな苦しみかと言えば、寂しさ。私たちは寂しい時に、その寂しい心を起こした自分の為に動いてあげることをせず、こんなに寂しい思いをしているのだから、まわりの人が気がついて、私の為に動いてくれたらいいと思っている。そんな人が嫉みの心を起こします。

人間には上の心と言われる理性と、下の心と言われる感情があります。寂しさとは、下の心が感じるもの。私が寂しいと感じているのだから、自分の感情の為に動いてあげたらいいのに、嫉みの強い人は、寂しいから自分のことを構って欲しいと言ったときに、相手が嫌な顔をして断ってくるのが嫌だから、寂しくても我慢してしまいます。

そう、嫉みの強い人というのは、心が寂しいと感じても、自ら寂しさ解消の為に動こうとはせずに我慢する人なんです。また、寂しくても我慢するだけでなく、嫌なことがあっても、その嫌な気持ちを誰かに話して分かってもらおうとはせず、ひたすら自分の心を我慢させてしまう人。一見すると我慢強い人のように思いますが、そうやって、抑えた感情は歪んだ感情となって吹き上がる。それが嫉みの心です。

それはまわりに幸せそうな人がいなければ、仕方ないと思って我慢していることができますが、自分の視界の中に苦労することもせず、楽しそうにしている人がいたならば、もう我慢ができず、自分も我慢しているのだから、お前も我慢しろよと刃のような心を向けます。そして、それでも相手が楽しそうにしていたならば、こんな目障りな奴は目の前から消えて欲しいと思い、相手の楽しみをぶち壊してやろうかと思うのです。

でも、このように思うのは、自分もどこかで、自分の心から逃げているのを薄々知っているからです。本当は相手のことを羨ましいと思ったならば、自分も感情を我慢せずに自分の思いを出したらいいのに、そうやって相手が嫌な顔をしたらどうしよう。自分の存在を否定されたらどうしようと思って、苦しんでいる自分の為に動いてあげることができず、自分の感情を抑え、我慢させてしまうのです。そして、被害者面して、自分を寂しくさせている相手が悪いのだと思うようになります。本当は否定されたくないから、自分の感情を抑えて我慢しているだけなのに、如何にも相手の為に自分は気を遣って我慢しているのだと思って、自分だって相手の為にこんなにも気を遣っているのだから、まわりの人だって、私が嫌な思いにならないように気を遣って当然。それが社会のマナーだと思うようになります。
だから、自分が寂しい思いになったならば、寂しい思いにさせた相手が悪いと思って、相手を責める。そして、責めても思い通りにならない相手や責めることができない相手には、その人の存在を苦々しく思い。心の中でその人の幸せなんてぶち壊れたらいいんだと思います。これが嫉みの心です。

でも、他人の幸せを嫉むことほど不幸なことはありません。それは幸せを嫉んだ分だけ、自分が幸せになったら嫉まれると思って、楽しいことがあっても、我慢して、自分は楽しんではいけないのだと思ってしまうからです。だから、嫉む人ほど、いつも頑張り続け、いつも楽しそうな人を見ては嫉む。だから、まわりの人は、気を遣って楽しんではいけないと思うし、当の本人は自分ほど、まわりの人に気を遣っている人はいないと思う。こんな環境では誰も幸せにはなれません。

幸せになりたければ、他人の幸せを嫉むのではなく、その人の幸せを一緒になって喜んであげることが大切です。もちろん嫉みの心のある人は、他人の幸せを一緒になって喜べと言われても、喜ぶことなんてできません。それどころか、他人が楽しそうにしていると、自分の存在を無視されて、寂しく感じる。でも、それは他人が無視したから寂しいのではありません。自分の感情を寂しくさせているのは、他人ではなく、自分なのです。

だから、自分の感情の為に自分が動く。自分の心が寂しいと感じたならば、他人が気がついて行動してくれることを期待するのではなく、自分が寂しくなった感情の為に人の中に入ってゆくのです。
その時、相手は嫌な顔をするかも知れません。そんな時でも、嫌な顔をされるぐらいなら、寂しくてもいいと思うのではなく、頭を下げて人の輪の中に入ってゆく。それが大切です。それは自分の心ほど大事なものはなく、その心を大事にすることが、私が幸せになる為に大切なことだからなのです。




プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス