FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
仏は仏教に純粋に生きている
仏は同じ仏の世界から智慧を得ている。いつも仏の世界を念じ、説法の時は仏の世界からイメージを与えられて説法している。

だから、大宇宙どこに行っても、仏様とは同じ教えを説いているのです。よく仏様は他の仏様のことが分かると言われますが、それはすべての仏は、一つの同じ仏の世界を念じて説法しているから同じ教えになるのです。 

この仏の世界の智慧をより深く明らかに正しく理解して教えを説くことができる方が仏様。それは純粋に仏教の教えに従い生きてきた人でなければできないことです。

純粋に生きるとはどういうことか?

それはこの世界のあらゆるものに我をつけて、これは自分のものだと執着することはしないことです。

執着は都合がいいとか、都合が悪いとかという都合を生み出す。そして、無意識のうちに都合の悪いことを都合の良いことに変えてしまう。

だから、仏の世界からイメージを正しく受け取ることができず、自分の計らいで話をするようになる。仏の説法というのは、自分の頭で考えることはしない。ただ心に浮かぶイメージを言葉にするだけ。

でも、都合によって目が曇ると、イメージを正しくみることができなくなる。そして、自分の頭で考えた話になる。考えた話は、真実を明らかにした話ではなく、説くものにとって都合の良い話。それをあたかもこれが真実だというように話してしまう。

それは聞いている人たちを深い迷いの世界へと連れて行く恐ろしい教え。だから、仏様は執着を厳に慎まれる。

すべては一時自分の所にやってきた借り物。だから、すべては当たり前ではないと思って大事にしてゆくことが、執着から離れるために大切なことです。

仏は誰よりも仏教の教えに純粋に生きている。だから、輝いているのですね。
鬼を許す
自力のある人は、自分の心の中に鬼がいて、いつも感情を否定している。

でも、自分が善人の所に立っている間は否定する側に自分がいるので、感情が否定されても気づかない。だから、気づかない間ので、当たり前のように否定している。

それが善人の我が崩れ、悪人になった時に返ってくる。まるでみんなから否定されているように感じて苦しむ。でも、否定しているのは他人じゃない。自分の心の中にある。それが分かると自分の心の中にある鬼に消えて欲しいと思うようになる。

しかし、鬼が否定しているのは、鬼自身も自分のことを否定されているように感じているから。否定することで、自分の存在を肯定している。だから、鬼に消えて欲しいと思えば思うほど、鬼が否定する気持ちが強くなるだけ。否定は消えることはない。

否定を無くしたいと思うなら、否定している鬼を許してあげること。確かに鬼は否定することで感情は苦しむ。でも、そんな鬼を消えて欲しいと思ったならば、それこそ鬼の所業。感情の方が鬼になるだけ。

否定を無くしたいと思ったならば、否定しているものを否定するのではなく、許してあげる。許せば、否定しているものも否定しなくなる。

目には目をではなく、逆で返す。そうすれば否定の心も消え、悪人になっても苦しまずに済むようになるのです。
同じことの繰り返しで人生が終わる
人生とは、多くの人が同じことの繰り返しで人生が終わる。これはただ単に同じことを毎日繰り返して人生が終わるということではありません。

思想が固定化されて、何を求めても結局同じことを繰り返して、人生を通して何も成長することなく、同じ世界にとらわれたまま人生が終わってしまうということです。

たとえばお金や財産を手に入れて他人から認められようとしている人は、一生涯お金や財産の力で他人から認めてもらおうとする生き方が変わらないということです。それが如何に心が満たされることのないものであったとしても、一時的な満足だけで何も自分の人生を振り返ることなく同じことの繰り返しで人生が終わってしまうのです。

仏教とは、自分の姿を映し出す鏡のようなもの。たから、仏教を聞いて初めて、自分の人生何やっているのだと気づきます。だけど、多くの人は自分の人生無駄なことに人生をかけてきたと思いたくないので、間違いになかなか認められない。それで同じことを繰り返してしまうのです。

幸せは間違いを受け入れる所から始まります。一回自分は何をやっていたのだろうかと空しくなる経験をしなければ、本当の幸せとはどうしたらいいかを考えることもないのですね。
どこに生まれるかによって運命が決まる
仏教に五濁という教えがあります。これは子供の時、自分の感情を大事にしてくれない。あるべき姿を強制されて育った人は、思想が濁り、自分の中に鬼ができて、自分の中の悪を否定するようになります。  

そして、鬼から否定される現実を誤魔化すために、心が煩悩に染まり、煩悩によって心をけがしてゆく。やがて、その人自身が争いを好むような濁った人間となり、最後、その人の魂さえも濁ってしまうという教えです。

人は、育った環境によって思想が決まり、思想によって人間が形成されてゆく。そして、最後は魂さえも染まってゆくのです。

どんな環境に生まれるかは決めることはできませんが、生まれた場所によって、その人がどんな運命になるかが決まると思うと、ある意味恐ろしいなと感じました。
宗教は敵と見なした時、無慈悲に否定してくる
宗教の恐ろしさ。それはその宗教にとって味方ならば優しく接してくれるけど、敵となったならば、無慈悲に攻撃してくる所です。

私も以前宗教に所属していました。その時、宗教の恐ろしさは分からず、この宗教こそ真実だと思って人生をかけていました。

ところが、その宗教にとって私の存在が都合が悪くなった時、私を排除する為に、ありもしない嘘を信者に吹き込みました。そして、今まで友達だと思っていた人から、あなたがこんな人とは思いませんでした。最低ですとメールをもらった。

ここで私が問題だと思うことは、組織の人たちが嘘を流して、私のことをありもしない悪人に仕立て上げたことではありません。

そうではなくて、今まで仲良くしていた人でさえも、こんなことを吹き込まれたけど、何かの間違いてはないかと思って事情を聞いてくれる人が誰もいなかったことが、宗教の恐ろしさが現れていると思います。

つまり、宗教とは上から言われたことをそのまま真実だと思って思い込み、自分で考えることをしないロボットへと変えてしまうことが恐ろしいのです。

お釈迦様は亡くなる前に、どんなに教えが正しくても、その教えを鵜呑みにしてはならない。あくまでもその教えが正しいかどうか自分の目で判断して、一つ一つの教えを見極めてゆかなければならないと「自灯明、法灯明」と教えられています。

だからこそ、仏教では、人間の自分で考える力を尊重しているのです。しかし、宗教とは人間の自由に考える力を否定し、言われたことをそのまま正しいと信じる人形へと変えてしまう。

考える力を奪われた人は、それはもう人間ではない。人間を人間ではなくしてしまう宗教とは、本当に恐ろしいものだと思いました。


プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス