FC2ブログ
幸せのこころとかたち
やっぱり幸せって続けることによって、得られるものだと思うんです
仏教とは何か
仏教とは何だろう。仏教とは一言で言えば、死の解決が教えられている教えだと思います。

死の解決とは何か。それは人間は生まれた限りには、いつか必ず死んでゆかなければならない。では、死んだらどうなるか。それが分からない。死んだら何も残らないように感じるし、魂が残るようにも感じる。仏教の教えでは、自分の肉体に宿る業が残ると教えられる。
では、その業とは何か。自分の中で実感しない。本当に業が残るのか。その業の存在を自分で感じられるようになること。それが死の解決なのではないかと思います。

誰しも死んでも命がありますように、と願うように、いつまでも続く自分というものがあって欲しいと思うもの。でも、その業の存在が自分で感じることができない。それどころか、自分の存在自体、自分で感じることができないものが私たち。だから、他人から自分の存在を認識してもらわなければ、自分で自分がここに存在しているか感じることができないものが私たちなのです。

では、どうしたら自分の存在を感じることができるのでしょうか。仏教では、それは仏教の教えに従って善を実践してゆくことによって、自分の存在を感じられるようになるのだと教えられます。

ここで善とは何かと言えば、一言で言えば、存在価値を高くしてゆくもの。具体的には、整理をすること。そして、開けたら閉める、出したらしまう、使ったら片付ける、などの反位にあるものを定位に戻すことが善なのです。そうやって、善を実践してゆくと何が見えるのか。それは今使っているものは少なく、ほとんどのものはまた使うからと出してあるもの。そして、いつか使うと思っているから、出したものをその都度片付けることは面倒くさいことであり、なかなかできないものだということが知らされます。

それはすでに悪い習慣が身についてしまっているからであり、どんなに変えたいと思っていても、一度染み付いてしまったものを変えるのはなかなかできないものだと知らされます。
この染み付いてしまった悪い習慣が業であり、仏教の教えに従って変えようとすればするほど、なかなか変わらないものだと知らされる。

このように自分に染み付いた悪い習慣が知らされることが自分の存在を自分で感じることであり、死の解決になるのです。

つまり、死の解決とは自分の業の存在を自分で感じることであり、それはいい自分ではなく、なかなか教えの通りにはならない悪い習慣が染み付いた自分が知らされるのです。
欲が少なくなることも大変だ
多くの人は時間があると欲に流れることしかしていない。
だから、人生というのは、いつも時間ができたら何をしようかと欲に流れることを考えながら、忙しく何かをして、時間ができたら欲に流れる。それだけで人生の大半が過ぎてゆく。
でも、どんなに欲に流れても、何か価値があることを生み出している訳でない。客観的に見たら、欲を満たすために生きることは、意味のない人生を送っているだけ。
それに気づかないのは、みんな人生に終わりがあることに気づかず、いつまでも生きておれると思っているから。
だから、どんなに欲に流れていても、また明日、また明日と思って毎日を過ごすことができる。

仏教という教えは、人は永遠に生きることはできない。人は必ず死ぬことを教える。
だから、仏教を聞き、死が待っていることが知らされるとだんだん欲に流れることができなくなる。

じゃあ、欲に流れることができなくなったら何をしたらいいのか?
それが無いから、欲に流れることができないと人生一気に暇になる。
時間を有意義に使いたいのに、何をしたらいいか分からず、ただ何となく時間を過ごすだけで一日、一週間、一カ月が過ぎてゆく。

時間を有意義にどうしたら使うことができるか。それが欲が少なくなってからの課題ですね。
鬼が責める
人間には一人一人思いがある。この思いを無視して、一方的に相手を悪者にして責めると、責めたことが自分に跳ね返り、自分の思いを否定されるのではないかと不安になる。
この不安とは得体の知れない不安。誰かがいつも自分を責めているのではないかと不安になる。

誰だって心にやましいものはある。
だから、他人を悪者にして責めると今度は自分が悪者にされて責められるのではないかという不安が起きる。
この不安から、自分は悪者にならないように必死に正しいことをするようになる。そして、自分はこんなにも正しいことをしているのだから、悪い人間ではないのだと自分を正しい所に置こうとする。

しかし、自分の心によって生み出された鬼は、どんなに自分は正しい人間なんだと主張しても、心の奥底まで見て、やましいところがあったならば、容赦なく責めてくる。だから、このような人の心にはいつも誰かに責められているような不安が起きる。
その為、いつも他人の目に怯え、苦しまなければならない。

でも、苦しみながら、その苦しみに気づかないのは、不安を欲で誤魔化しているからだけ。
不安な人ほど欲に走る。欲が楽しいという人は、本当は欲を満たすのが楽しいから喜んでいるのではない。欲を満たしている間だけ、不安を誤魔化して見なくて済むから、欲に走っているだけ。
心から安心したら、欲を満たすことも楽しくなくなり、つまらなくなる。
でも、みんな時間があったら欲を満たすことばかり考えるのは、それだけ心の奥底では不安を抱えているから。
人は悪を責めるから不安を抱え、それを誤魔化す為に欲に走る。

欲から離れると聞くと、欲を満たすことが楽しみの人から見たら、こんなつまらないことはないと思うが、それは不安から離れた心から安心した世界を知らないから、欲を満たすことが楽しみだと勘違いしているだけなのですね。
心から不安を無くす為にも悪を責めることはやめていきたいものです。
悪は許すしかない
私たちは誰しも自分の中に悪を抱えている。そして、その悪を隠しながら、そんな悪いものは存在してはならないのだと思っている。
そうやって、自分の中で悪が見えると、こんな悪い人間は駄目だと自分を責めて、責めることで悪を無くそうとする。
でも、自分の中に悪とは業だから、どんなに責めても悪は消えることはない。
だから、悪を排除しようとする心がある限り、自分の中で悪が見える度ごとに責めることになる。
悪は責めても消えない。こんな悪があるものだけど仕方ないと許してあげるしかない。
そうやって、自分の悪が許せるようになると心も楽になる。
そんな人が極楽にも往生できるのです。

悪を責めると
相手がどんなに悪いことをしたからと言って、その人を責めるのは良くない。
それは悪を責めると、自分が悪者になった時に責められているように感じて不安になり、苦しまなければならないからだ。

でも、多くの人は自分が悪になって報いを受けたくないから、自分が悪いとなると、すぐに誰かを悪者にして、この人のせいで自分は苦しんでいるとまた責める。そのうちに、一緒にいるのも嫌になって相手が悪いからと悪口をいうし、相手を否定するし、無視したり、嫌な顏をするようになる。そうやって、相手が悪者になると、ゴミだめのように、自分の感情から吐き出されたゴミを平気で吐き捨てるようになる。

ところが、そうやって、自分が蒔いた種まきは自分へと返ってくる。私たちは無意識のうちに自分が悪者になったら、自分が今までやってきた行いが自分にやってくると知っているので、自分が悪者にならないように自分の正義に従って生きるようになる。
いや、その人の人生自体、自分は悪者にならない為だけに生きるようになる。
その一方で自分の常識に合わない人を悪人と決めつけ、口には出さなくても徹底的に責める。悪口を言う。

でも、どんなに自分では悪いことをしないようにしても、他人がちょっと嫌な顏をしただけで、自分が悪いみたいに感じて、悪人は責められる、悪人は否定される、悪人は悪口を言われる、悪人は無視されると自分が悪だと決めつけてやってきたありとあらゆる種まきが一度にやってきて、不安にさせる。そして、自分が悪者にされたくないから、また、誰かを悪者にして、徹底的に怒りを起こし、責める。
悪を責めると、ちょっとした相手の言動も自分が悪いからだと思えて苦しまなければならない。

だから、どんなに悪い人でも、自分が苦しまない為に責めたらいけないのですね。


プロフィール

上田祥広

Author:上田祥広
管理サイト
浄土真宗講義



最近の記事



ブログランキング

FC2ブログランキング



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



ネットサーフィンの鉄人

ネットサーフィンの鉄人



ブログ全記事表示

全ての記事を表示する



RSSリンク



てくてく…



お友達のブログ

このブログをリンクに追加する



グリムス